ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 週末にサンパウロ市で起きたデカセギ家族五人殺害事件はまれにみる残虐なものだ。しかも、目前に五十周年式典を控えたコチア青年の一人とは――。米倉貞さんら家族五人は一晩がかりの拷問のすえ殺された。言葉にならない怒りと悲しみを覚える。▼土曜早朝、娘と一緒に息子夫婦が十一カ月の赤ちゃんを連れて日本から一時帰国した。六年もデカセギした息子や娘から、いろいろな日本での苦労話などを聞き、米倉さんも久々の家族団欒を楽しんだだろう。待ちに待った再会だ。息子が時差ぼけの頭を治そうと早めに床についたあと、その晩に二人組の賊が侵入した▼五千ドルの現金をとるだけでは飽き足らず、家族全員を電線で縛り上げ、タバコの火を押し付けて消したり、棒で殴ったりする拷問までして執拗に「銀行の金をよこせ」と要求した。犯人の一人を、目隠しをされた米倉さんが声で判別して名前を言い当てために殺されたという。容疑者は息子の幼なじみ。付近で守衛をやっており顔見知りだった▼この事件は日系社会に大きな警笛を鳴らした。特に空港からの帰りは要注意だ。犯行前日の金曜日に「息子はいつ帰るのか」と問う匿名電話があった。周囲の人に、家族が日本に行っていると安易に漏らしてはいけない。日本で稼いできたなどと、口が裂けても自分から吹聴してはいけない。今回、伯字紙やテレビで大々的に報道されたことで、さらにデカセギ狙いが増える可能性すらある。しかし、いまどき親族に一人もデカセギのいない家を探すほうが難しいか。 (深)

05/09/15

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん2021年5月4日 ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん  「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque […]
  • 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!2020年2月18日 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!  「こんな解釈があるのか!」――9日に行われた憩の園チャリティ歌謡祭「日本移民ショー」の出だしは、実に衝撃的だった。  90年代に一世を風靡した、当時の若者風俗を代表するような尖ったビジュアル系ロックバンド「XJapan」の音楽を使って、「明治の精神」を受け継ぐような […]
  • 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(5)=この地で健闘する戦後移民2016年11月2日 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(5)=この地で健闘する戦後移民  ウマラマといえば青年隊の〝故郷〟との印象だったが、この地でもコチア青年を見つけた。パラナ州に入ったのは戦前移民の子供世代が中心だったが、今回の旅を通して、青年隊はもちろん、意外に戦後移民があちこちに入って健闘していることを痛感した。  たとえばコチア青年1期1回の高 […]
  • 池芝師匠「ブラジル帰りたい」?!2016年7月2日 池芝師匠「ブラジル帰りたい」?!  最近立て続けに、本紙元記者から感慨深い連絡をもらった。一つ目は、今年3月に帰国したばかりの元研修記者から。《さっき、たまたま見つけた阿佐ヶ谷(東京)にあるブラジル料理店に行ったら、(昨年)4月に初めて取材した日本舞踊の先生が帰国して開いた店でビックリした》とのこと。これを聞い […]
  • ボリビア生まれだが、日本語しか話せない若者2016年2月4日 ボリビア生まれだが、日本語しか話せない若者  サンパウロ市文協、コチア青年が還暦を迎えた昨年、お隣の国ボリビアのサンファン移住地でも同じ節目を迎えていた。ふとした出会いから、同国の戦後移住地が抱える問題について知らされた。 先日の「日系農業会議」で同地二世の男性に話を聞くと、「日本語しか話せない若者が多い。将来彼らはどう […]