ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

  今年のリオ州日伯文化体育連盟の敬老会に日本企業の駐在員(リオ商工会議所会頭)が招かれ、あいさつを述べた。「特に一世の方々から、糊口をしのぐためだけでなく、生きる目的として、勤勉に働くことの大切さを学んだ」「日系社会の若者に日本人の心・志を継承していただきたい」▼全盛期のころ、二千五百人の会員を擁したロンドリーナ日伯文化協会(アセル)が、先月、協会本館、野球場、プール、テニスコートを売却。人的組織は残されているが、「家」を失った▼五〇年代、売却した「家」が建っている所がカフェザールだったころ、一世を中心とした日本人会員は、総出の勤労奉仕で子孫のために野球場を開いたのだった▼売却が決まるまで行き詰まっていても、子孫たちは、協会内グループの活動(テニス、水泳、カラオケなど)に熱心ではあったが、会館の電気代、水道代など維持費の支払いには無関心だった。二千五百人の会員は二百五十人(会費納入者)と減少、特権会員(会費免除者)が四百人になっていた▼娯楽が多様化、協会活動に参加する魅力がない、会費に対する見返りがない、だから新規会員加入がない、こうして、活動・運営資金難に陥り、本館売却に至った▼組織は残ったが、ロンドリーナ市内の独立他団体と協調、合併をしなければ、日系社会の活動そのものが衰微するという見通しがある。開拓者一世は、子孫を指導できなかったのか。指導が遅れたのか。時代の波に抗しきれなかったのか。 (神)

04/12/8

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》タイヤ破損でモノレール停止=製造会社が全車両の点検指示2020年3月4日 《サンパウロ市》タイヤ破損でモノレール停止=製造会社が全車両の点検指示  サンパウロ市南東部のヴィラ・プルデンテと極東部のサンマテウスを結ぶモノレール(地下鉄15号線)が、無期限運休状態となっている。  サンパウロ地下鉄公社が1日に発表したところによると、運休の原因は2月27日に起きたタイヤの破損だ。このタイヤは、タイヤの中の圧力が低下し […]
  • 北部海岸に35万人の人出=天候一変で早めに引き上げ=サンパウロ州2006年4月18日 北部海岸に35万人の人出=天候一変で早めに引き上げ=サンパウロ州 2006年4月18日(火)  【エスタード・デ・サンパウロ紙十五、十七日】パスコアの連休で十四日は晴天に恵まれ、サンパウロ州海岸地方では絶好の海水浴日和となり、北部の行楽スポットは約三十五万人の人出で賑った。 […]
  • 《ブラジル》セアラー州=接種証明か陰性証明要請=デルタ株感染防止措置で2021年8月13日 《ブラジル》セアラー州=接種証明か陰性証明要請=デルタ株感染防止措置で  デルタ株による新型コロナ第3波への懸念が広がる中、セアラー州政府が到着する旅行客に対し、ワクチン接種を終えた事を証明する書類か、新型コロナには感染していない事を証明する書類の提示を義務付ける事を認める判決を得たと、11~12日付現地サイトが報じた。  同州では10日 […]
  • 南大河州で大水害が発生=3人死亡、13万人に影響2015年10月17日 南大河州で大水害が発生=3人死亡、13万人に影響  風速時速100キロ以上の突風を伴う嵐が14日夜、南大河州都、ポルト・アレグレを襲い、グアイバ湖の水位が再び上昇。16日朝には2・8メートル前後を推移するまでになったと16日付G1サイトが報じた。 同湖の水位は12日に2・89メートルを記録した後、2・59メートルまで下がってい […]
  • 《ブラジル連邦直轄区》8歳の娘の前で妻刺殺=8月だけで4件目の女性殺人2018年8月28日 《ブラジル連邦直轄区》8歳の娘の前で妻刺殺=8月だけで4件目の女性殺人  ブラジリア市ファゼンジーニャ区で26日夜、44歳の女性が8歳の娘の面前で夫に刺殺される事件が起きた。  友人によると、殺されたマリア・レジナ・アラウージョさんは離縁を考えていたが、夫のエドゥアルド・ゴンサウヴェス・デ・ソウザ容疑者はそれを受け入れられず、アラウージョさんを脅 […]