ホーム | コラム | 樹海 | なぜブラジル選手の多くは軍隊式敬礼をするのか
軍隊式敬礼の背景を疑問視する米国サイト「ザ・インターセプト」の記事
軍隊式敬礼の背景を疑問視する米国サイト「ザ・インターセプト」の記事

なぜブラジル選手の多くは軍隊式敬礼をするのか

 「もしボクシングがなければ、俺は生きていなかった。サルバドールには死と暴力が溢れている。俺はかつて暴力的だったし、ケンカっぱやかった。ボクシングがなければ、俺の人生はまったく違っていた。たくさんの人は『ボクシングは暴力的だ』というけど、それは違う。ボクシングを知る前、俺は本当に暴力的だった」。ブラジルのボクシング界に初金メダルをもたらしたロブソン・コンセイソン(27)が受賞後に放ったこの言葉は印象的だった▼まるで現代版「あしたのジョー」だ。ケンカばかりの不良少年が少年院から出てボクシングに取り組み始め、燃え尽きるまでを描いた名作マンガだ。違うのは、ロブソンが表彰台で軍隊式敬礼をしたことか▼「あしたのジョー」は涙橋の下のボロボロの貧乏ジムで、食うや食わずの中でアル中のコーチと練習していたが、ロブソンは少し違う。彼は「三等海曹」(海軍の三等軍曹)の階級を持ち月給3200レアル(約10万円)をもらうからだ▼リオ五輪初のメダル(銀)をもたらしたフリッペ・ウーも軍隊式敬礼。体操(銀)のアルツール・ザネッチしかり、柔道(金)のラファエラ・ダ・シルバしかり。6日付アジェンシア・ブラジル電子版記事によれば今大会の柔道選手は全員軍人で、男子7人は陸軍、女子7人は海軍だ▼調べてみると今回獲得したメダル19個のうち、なんと13個は軍人選手によるもの。なぜこんなに軍人が多いのか。この原因を探ると、ミリタリーワールドゲームズ(軍五輪)リオ大会(2011年)にたどりついた▼つまり、今五輪の5年前に「軍リオ五輪」があった。07年の軍五輪インド大会でブラジルのメダルはたった3個(銀2、同1)。国別順位では33位。次のリオ大会は地元開催だから強化しなくてはと08年に始めたのが、メダルが有望視される選手を支援する制度「Programa Atletas de Alto Rendimento (PAAR)」(高返益選手育成制度)だ▼3軍が分担して「三曹」待遇を有望選手に与え、月給の支給および軍スポーツ施設や医療制度の利用を許可する制度だ。この結果、軍五輪リオ大会ではいきなり計114個(金45、銀33、銅36)を獲得して国別1位に輝いた。月々10万円の支援でメダルが取れるなら、確かに「高返益」だ▼ただし米国サイト「ザ・インターセプト」ブラジル版8月18日付では《最初のブラジル人が五輪表彰台に上がった時、(軍隊式)敬礼があった。オリンピック憲章の第50項に反するとして、ほぼ禁じられたその振る舞いは、組織的・資金的な支援をする軍部へのブラジル代表選手団からの感謝だ》と斜めに見る▼ブラジルは約30年前まで軍部独裁だったせいで、一般市民からの印象はいまも悪い。軍五輪後も同制度を続けて「五輪選手のパトロン」として印象を好転させる狙いがあると同記事は見ている▼670選手がその制度によって国防省とスポーツ省からその待遇を保証され、今年だけでその制度に4300万レアルが投資された。「軍人」といっても毎年契約更新(最大8年)の一時採用。実際の軍役はない。最初に45日間の訓練を受け、軍イベントに参加する義務はあるが、あとは練習に専念できる▼リオ五輪は過去最多の465選手が参加したが、うち145人が同制度の軍人。ロンドン大会では259選手中51人だったから3倍増だ。ブラジル全体のメダル目標20個には一つ足りなかったが、実は同制度のメダル目標10個はかるく凌駕していた。本来スポーツ省がすべきことを、軍が肩代わりして大きくメダル数を底上げした。そのおかげでリオ五輪では面目が保たれたと言っていい▼とはいえ、同米国サイトによれば同様の制度を持つドイツは131人、イタリアは125人を今大会に送り込んだが、軍隊的敬礼をしたのはブラジルだけ…。軍の功績は正しく評価されるべきだと思うが、あえてあの敬礼をする必要があったのか。その辺はもっと議論があっていいのでは。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■家族3人でリオ五輪目指す2016年1月21日 ■ひとマチ点描■家族3人でリオ五輪目指す  「ブラジルで主夫しています」と話すのは藤井陽樹(はるき)さん(28、群馬)。妻である柔道ブラジル代表のコーチ裕子(ゆうこ)さん(33、愛知)に帯同するため、支援学校教員を辞め13年に渡伯した。ブラジルで誕生した清竹(きよたけ)くん(1月に2歳)と3人でリオ暮らしをする。たまた […]
  • 〝柔道の始祖〟嘉納治五郎2014年2月5日 リオ五輪で期待のブラジル柔道=強化・普及の源流を探る=(1)=ミュンヘン銅が起爆剤に=「石井千秋を帰化させろ!」 ニッケイ新聞 2014年2月5日 1908年の笠戸丸着伯以来、空手、剣道、相撲などの武道を含め、多くのスポーツが日本から当地に流入してきたが、柔道ほど非日系人に浸透し、テーラロッシャ(赤土)に根を張った競技はほかにない。昨年9月のリオ世界選手権ではついにブラジル人女性柔道家 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」2018年11月30日 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」  「帰ってきましたよ。みなさ~ん、ぜひ聞きにきてください」――NHKの歌番組に出演するなど活躍する、「日本魂、演歌を歌いにきた情熱の男」非日系ブラジル人演歌歌手、エドアルド(34)が29日朝来社し、30日晩の慈善ディナーショーなどへの来場を呼びかけた。  訪日したキッ […]
  • ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催2018年8月2日 ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催  2020年7月24日に開幕する東京五輪まであと2年を切り、7月31日付ブラジル現地紙が「今年中に五輪出場権が決まる種目」として、はやくも18年中に出場、不出場の命運が分かれる種目や選抜の様子を伝えている。  同記事で紹介されている種目中、最も早く五輪出場権が決まるの […]