ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月12日

 昨年12月10日にサルネイ上院議長により特別式典が開かれ、中国人移民200周年が顕彰された。帝政時代に紅茶生産を目指してリオの農場に400人導入された苦力で、失敗四散した。このように〃コーヒー王国〃で紅茶を作る試みはあったが、ことごとく失敗に終わった。レジストロはラ米初のインド種紅茶の本格的生産地だった▼このように移住先へ新産業を興す壮挙は、日本移民の特色だ。例えば1933年に南米拓殖会社の臼井牧之助が渡伯途上にシンガポール港で南洋種の胡椒苗20本を購入してトメアスーに持参、直営農事試験場で2本だけが発芽し、戦後〃ピメンタ王国〃となった▼同様に上塚司がアマゾン中流のヴィラ・アマゾニアに持ち込んだジュート(黄麻)の種がほぼ全滅する中、唯一発芽した一本からアマゾンの新産業を興した尾山良太らと並ぶ快挙が、レジストロの紅茶だ▼有名な「シャー・ブラス」(山本周作社長)に42年も勤続した金子国栄レジストロ文協会長は、「戦後レジストロの産業の中心は紅茶だった。それに携わった人数はすごい。最盛期六つの銘柄で、それぞれ平均150人の従業員だとして1千家族が生活していた。そこに青芽(茶葉)を出荷する生産者は、一つの工場で平均70家族はいた。6倍したら420家族。その生産者に平均5人のコロノがいたとすると2100家族。2100と420足せば、約2500家族。一家族6人だとすれば大変な人数でしょ」と紅茶産業の裾野の広さを説明する▼「天谷茶」をまず日系社会に広め、そこから一般社会へ。紅茶産業再興もまた新しい形のブラジル社会への貢献ではないか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 愛読者の皆さまに感謝の一年!2019年12月24日 愛読者の皆さまに感謝の一年!  2019年は読者の皆さんにとって、どんな年だっただろうか?  昨年末にサンパウロ新聞が廃刊したことの余波が、繰り返す波のようにいろいろな場面で押し寄せてきた。取材依頼が例年以上に多いと感じたのは、その一例だ。  年明けに400人ほどのサ紙読者が弊紙に移ってきてくれた。別の […]
  • ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース2019年12月20日 ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース  今年最後の当コラムということで、コラム子が個人的に気になっているニュースについて語ることにしよう。  それは、パラナ州検察局のリーダー格の人物、ジャヌアリオ・パルード氏に収賄疑惑が2件、立て続けで報じられたことだ。パルード氏は同検察局のラヴァ・ジャット(LJ)作戦主 […]
  • 森林伐採削減にセラードの例生かせぬか2019年12月19日 森林伐採削減にセラードの例生かせぬか  マドリッドでの気候変動枠組条約締約国会議の最中、持続可能な開発のためのブラジル企業審議会が「ブラジルはカーボン市場を一つの機会としてみる必要がある」として、連邦政府に柔軟な姿勢をとるよう求めた。自国では温室効果ガス排出量削減が困難な先進国が排出量削減に繋がるプロジェクトなどを […]
  • たった18年でブラジル最大の証券ブローカーを作った天才実業家2019年12月17日 たった18年でブラジル最大の証券ブローカーを作った天才実業家 「XPの旅路」は、どこに向かっているのか?  「僕らの旅路は始まったばかりだ」――ブラジル最大の証券ブローカー「XP Investimentos」(以下XP)の共同創業者、ギリェルメ・ベンチモル氏(Guilherme […]