ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月12日

 昨年12月10日にサルネイ上院議長により特別式典が開かれ、中国人移民200周年が顕彰された。帝政時代に紅茶生産を目指してリオの農場に400人導入された苦力で、失敗四散した。このように〃コーヒー王国〃で紅茶を作る試みはあったが、ことごとく失敗に終わった。レジストロはラ米初のインド種紅茶の本格的生産地だった▼このように移住先へ新産業を興す壮挙は、日本移民の特色だ。例えば1933年に南米拓殖会社の臼井牧之助が渡伯途上にシンガポール港で南洋種の胡椒苗20本を購入してトメアスーに持参、直営農事試験場で2本だけが発芽し、戦後〃ピメンタ王国〃となった▼同様に上塚司がアマゾン中流のヴィラ・アマゾニアに持ち込んだジュート(黄麻)の種がほぼ全滅する中、唯一発芽した一本からアマゾンの新産業を興した尾山良太らと並ぶ快挙が、レジストロの紅茶だ▼有名な「シャー・ブラス」(山本周作社長)に42年も勤続した金子国栄レジストロ文協会長は、「戦後レジストロの産業の中心は紅茶だった。それに携わった人数はすごい。最盛期六つの銘柄で、それぞれ平均150人の従業員だとして1千家族が生活していた。そこに青芽(茶葉)を出荷する生産者は、一つの工場で平均70家族はいた。6倍したら420家族。その生産者に平均5人のコロノがいたとすると2100家族。2100と420足せば、約2500家族。一家族6人だとすれば大変な人数でしょ」と紅茶産業の裾野の広さを説明する▼「天谷茶」をまず日系社会に広め、そこから一般社会へ。紅茶産業再興もまた新しい形のブラジル社会への貢献ではないか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 何気ない日常の尊さ2020年6月25日 何気ない日常の尊さ  ブラジル初の新型コロナ感染者確認から早4カ月。ブラジルでは24日朝の時点で5万2788人、世界中では47万4609人という、大きな犠牲者が出ている。  外出自粛などで感染拡大が終息した国、拡大中の国、感染再燃中の国など、実情は各国各様だ。だが、どの国でも共通する事の […]