ホーム | コラム | 樹海 | どこも異常な現在の南米

どこも異常な現在の南米

エクアドルでのスト(Santiago Arcos)

 5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領のもとでハイパー・インフレで債務不履行となり左翼ポピュリズムが復活目前のアルゼンチンもそう。そこに、ここ2週間足らずで、そのインパクトを遥かにしのぐ勢いで2つの国が加わったことは驚きだった▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]