ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2005年9月30日(金)

 議長選挙に沸き立った下院議会。そうした中、二〇〇六年選挙に適用される選挙法改正案の承認期限が九月三十日まであと二日と迫った。どうやら議会は政治改革への関心を失ったようだ。改正案では選挙期間の九十日から六十日への短縮やショー、配り物の禁止、選挙資金の情報公開が定められている。
     ◎
 サンパウロ市ヴィラ・オリンピア区で二十八日深夜、セルジオ・D・ナセルさん(21)が通りがかりの誘拐グループとみられるメンバーらに射殺された。被害者はエクセル銀行元頭取エゼキエル・ナセル氏の親族。事件当時ガールフレンドが運転する車アストラの座席に座っていた。車は信号待ちで停車中、脇に横付けしたピックアップ車から賊が降り、被害者を引きずり出した後、頭部に発砲した。警察は誘拐拉致に抵抗したため撃たれたとみている。
     ◎
 連邦警察は二十八日、大サンパウロ市圏コチア市の局長二人と市長の弟を公金横領の容疑で逮捕した。三人は連邦政府から回される保健・教育予算の中から三〇〇〇万レアル以上を横領していたグループのメンバーの疑い。
     ◎
 中央銀行フォルタレーザ支店から盗まれた現金一億六〇〇〇万レアルのうち一二〇〇万レアルが、同市のスラム街で回収され、容疑者五人が逮捕された。現金は一味が五十日前、七万レアルで購入した民家の床下に埋めてあった。隣の住人が一味を不審に思い通告。現金は盗難時と同じ状態の五〇〇〇レアル毎に束ねられ、銀行の封がしてあった。一味は犯行後、分け前に預かり、高飛びするための航空券まで支給されたという。五人はサンパウロ州やミナス・ジェライス州出身だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2009年11月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年11月26日付け  在外公館の維持・運営費も取り上げられた事業仕分け。共同通信によれば、「各国の大使公邸のうち84カ所にプールがあり、26カ所にテニスコートがあるなど過剰な設備も問題視された」という。ブラジル国内で一定以上の階層が住む家にプールはつ […]
  • 名門映画スタジオ復活へ=サンパウロABC地区で文化促進2014年5月22日 名門映画スタジオ復活へ=サンパウロABC地区で文化促進  1940~50年代のブラジル映画界を牽引したスタジオ、「ヴェラ・クルス」が復活の兆しを見せ始めている。 ヴェラ・クルスは、1949年にイタリア人企業家のフランコ・ザンパリ氏が出資して、サンパウロ市近郊のABC地区のBにあたるサンベルナルド・ド・カンポ市に建設したスタジオだ […]
  • 《サンパウロ市》今年のヴィラーダ・クルツラルは19、20日=様々な音楽を街中で堪能=カエターノやシューシャも登場2018年5月17日 《サンパウロ市》今年のヴィラーダ・クルツラルは19、20日=様々な音楽を街中で堪能=カエターノやシューシャも登場  19日と20日の2日間にわたり、サンパウロ市恒例の文化イベント「ヴィラーダ・クウツラル」が行われる。今年のハイライトは次の通り。  毎年5月に、第3土曜の午後から夜通し、さらには日曜の夜にかけて市内の複数の会場で同時に開催される、コンサートを中心とした文化イベント、 […]
  • コラム オーリャ!2009年12月8日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年12月8日付け  取材で初めて憩の園を訪れた。目に留まったのは、高齢者に細やかな配慮を向ける宮崎カリタス修道会のシスターたち。  「入居者が増え、半介護と一般の介護に分けてケアを行うのが難しくなってきた」と、現状を懸念していた。 […]
  • 初めての3線合同研修会=移民多いノロエステ、パウリスタ、ソロカバナ=日本語教師が切磋琢磨2005年1月27日 初めての3線合同研修会=移民多いノロエステ、パウリスタ、ソロカバナ=日本語教師が切磋琢磨 1月27日(木) […]