ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2012年5月に夫である食品大手「与喜」の御曹司だったマルコス・マツナガ氏を殺害、遺体も切断して捨てたことでブラジルの話題をさらったエリーゼ受刑囚が、今月1日から、昼間外出が認められるセミ・アベルトの処分となっていたことがわかった。刑期は19年だったが、模範囚と評価され、セミ・アベルトになる時期が早まった。この事件は、離婚と実娘の養育権を求めたエリーゼ氏がマルコス氏から暴行を受けた後に起きたバラバラ殺人というショッキングなものだったが、引きこもりの銃マニアだったマルコス氏の日常生活の実態も報道され、話題を呼んでいた。今後、エリーゼ氏は就労や勉学が可能となるが、彼女の今後やいかに。
     ◎
 1日から学校の新学期がはじまっているが、7日付アゴラ紙によると、サンパウロ市南部の少なくとも8校の公立校では、職員不足で給食が作れず、パックの牛乳やビスケットなどが渡されるのみの状態になっているという。サンパウロ州によると、これは、休み期間中にこれらの学校の下請けの給食業者の入札を行い、新たな担当業者が決まったものの、職員の手配がうまくいっていないためだという。おなかを空かせる子どもたちのために早く対処を。
     ◎
 世界屈指の右サイドバックとして知られ、国内リーグ最高クラスの額でサンパウロFCと契約したダニエル・アウヴェスが6日、モルンビ・スタジアムでファンへのお披露目と記者会見を行った。36歳ながらなおも世界屈指の強豪が獲得を目指した中、「幼い頃からの夢」とあえて帰国したダニ。その心意気に人気が盛り上がりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月5日 東西南北  昨日詳しく報じた通り、ボルソナロ派の政治家の中でもとりわけ過激な言動で知られるビア・キシス下議が下院憲政委員会(CCJ)の委員長就任を有力視され、下院内で猛反発を受けている。そんな中、3日、「下院の女性部門のリーダーにフロルデリス氏」という怪情報が大手メディアでも流れ、騒然と […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年11月11日 東西南北  米国大統領選が終わり、全国市長選が今度の日曜に迫ったブラジルでは、早くも再来年の大統領選を意識した動きが表面化し始めている。一例はともに世論調査での支持率が高いルシアノ・フッキ氏とセルジオ・モロ氏で、クリチーバで二人が会合を行ったという一報が世間を賑わせている。二人とも知名度 […]
  • 東西南北2020年3月26日 東西南北  ボルソナロ大統領が24日夜に行った政見放送は、政界や国民のみならず、保健・医療、科学などの分野の専門家からも反感を買い、25日には諸団体が一斉に抗議声明を出した。代表例を挙げると、国家保健審議会、ブラジル感染症学会、ブラジル公衆衛生協会、サンパウロ州医師協会、ブラジル腫瘍外科 […]
  • 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供2020年3月24日 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供  ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、 […]