ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 岩手県人会の「県人パイオニアと研修生を訪ねるビデオ収録の旅」チームは、さきごろバストスを訪問した。同市を支えているのは養鶏産業だが、チームは、どこの養鶏場もピリピリとした緊張につつまれていた、と報告を行っていた。緊張の原因は「鳥インフルエンザ」である▼日本を含めたアジアでの猛威は、ブラジルではまず業者に緊張をもたらした。感染して鶏が死んだり、処分しなければならなくなった場合、事業にとっては厳しい試練だ。地理的に遠いからといって、ブラジルはけっして対岸の火事視できないのだ▼バストスは「緊張」と報告されたが、国内の家禽貿易業者、飼料原料(大豆など)輸出業者にとっては、鳥インフルエンザはずばり死活問題である。昨年、鶏肉は世界の肉類供給の三分の一を占めた。土地もエサも豊富なブラジルの鶏肉輸出は、ここ五年間で三倍に増えた。米国と並んで屈指の輸出国である▼しかし、輸入国は、輸出国の事情など考慮せず、自国を守るための輸入禁止令を出す。どうあがいても売れない状態になる▼鳥インフルエンザの「害」は、鳥からヒト、さらにヒトからヒトにおよぶと心配されている。日本では、タミフルという抗ウイルス剤の備蓄が進行中だ。ブラジルにもすでに入っていることだろう。六十五歳以上は症状が発現してから四十八時間以内に投与せよ、などの専門家の指示がある▼バストスの養鶏業者のように、緊張して、推移を知り、来るべき難局に対処しなければなるまい。(神)

05/12/07

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 宮城県から農業研修生=2カ月半、各地の農場で学ぶ2017年12月14日 宮城県から農業研修生=2カ月半、各地の農場で学ぶ  「宮崎県農業青年ブラジル国研修」の2017年度研修生として、戸切誠人(とぎりまさと)さん(25、宮崎)が8日、宮崎県人会の竹下達也会長、高橋久子さん、吉加江紀子さんとともに来社した。  実家では父親と二人で米や大豆を作っていて、「ブラジルの農家の経営の仕方を学びたい […]
  • 社会に生涯捧げた宮坂さん=慰霊ミサに200人余参集=「ブラジル農業を変えた25人」の一人2017年8月26日 社会に生涯捧げた宮坂さん=慰霊ミサに200人余参集=「ブラジル農業を変えた25人」の一人  7月25日に亡くなった宮坂四郎さんの遺族が20日、慰霊ミサをサンパウロ市の宮城県人会館で行い、200人以上が参列し、会場はいっぱいになった。舞台には故人の遺影が置かれ、花が飾られた。  最初に故人を回想する40分のビデオが上映された。1924年に北海道で生まれ、8歳 […]
  • 大耳小耳2017年8月19日 大耳小耳  今週末、『第8回全伯俳句大会』が20日午前9時からサンパウロ市文協(Rua Sao Joaquim, […]