ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 明けましておめでとうございます▼昨年末、県連の忘年会会場に、移民、特に旧移民にとって懐かしくもホロ苦い歌が流れた。NHKドラマ「ハルとナツ」でも歌われた「渡伯同胞送別の歌」である。会場に旧移民は僅かしかいないのに、一時、しんとなった▼歌詞の第四節は「南の国やブラジルの未開の富を拓くべき、これぞ雄々しき開拓者」。本紙読者の多くは、未開の富の開拓は終えた。拓く努力はそれぞれがした。今後は、自らを拓くよう心掛けたい、とこの部分を新年早々借用した▼歌が日本国内で歌われたのは一九三〇年前後である。国内には、失職して帰郷する者、日に三十~六十人が東海道を歩く。自殺者急増一万三千九百四十三人(三〇年)と記録にある▼二九年、日本政府は拓務省を設置、国策で移民送り出しに取り組んだ。標的はブラジル。歌い出し部分の「行け行け同胞海越えて」だった。移民送り出し機関は「この歌を皆様の晴れの船出に当たって声高く合唱しましょう」と宣伝した▼移民は歌を聴いて発奮したのではない。出稼ぎを決めてから、どこかで耳にし、鼓舞された。第五節に「万里果て無き大陸や何れが宝庫ならざらん、君成功の日近し」とある。何をもって成功と見るかは個人差があるだろうが、大半はブラジルでの生活と歌とのギャップを痛感したはずだ▼今、耕地にはおらず、コンクリート・ジャングルに住んでいるが、なお、「自身を拓くこと」は可能だ。年齢を超えてそう生きたい。(神)

06/01/04

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2005年12月24日 コラム 樹海 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 総領事館休館2005年12月24日 総領事館休館 2005年12月24日(土)  在サンパウロ日本国総領事館は今月二十九日から一月二日まで年末休暇のため閉館する。期間中の電話番号は通常と同じ。(11)3254・0100 […]