ホーム | 日系社会ニュース | 日本コメ=値下がる=消費頭打ち安売り競争=低価格指向=原価割れに近い状況=すでに店の主力商品ではない

日本コメ=値下がる=消費頭打ち安売り競争=低価格指向=原価割れに近い状況=すでに店の主力商品ではない

2006年1月6日(金)

 リベルダーデ区内の商店では、日本米の価格が四、五年前と比べて下がり、原価割れに近い状態になっている。一世の減少などで消費量が頭打ちになっている上に、各店で安売り競争が展開され始めたため。品質から低価格へと、米に対する消費者の意識も一時期に比べて様変わりしたようだ。
 地下鉄リベルダーデ駅にほど近い小売店。各種の米がうずたかく積まれている。関係者は「五キロが今九レアル前後ですが、ついこの前まで七レアル代まで下がりました」と眉をしかめた。
 東洋人街は全国一米の価格が低い場所だという。たいてい米は店の入り口付近に置かれているが、店の主力商品では決してない。店は安さを売りに客を引きつけたいのだという。
 「米だけだったら、利益にならない。たくさんのお客さんが入ってきて、別の商品をついでに買ってくれることでなんとかやっていける。ここで仕入れてほかの区に持っていき、二〇~三〇%かけて売る人もいます」。
 小売店の話を統合してみると、以前は原価に一五%~三〇%上乗せして販売していた。日本米(炊飯向きの米)はブラジル米に比べて三倍の値段がついていたという。例えばブラジル米が八レアルなら、日本米は二十四レアルしたわけだ。
 状況が四、五年ほど前に変わった。大型店が安売りに踏み切ったのだ。零細商店も追随せざるを得なくなった。前述の関係者は「最近は原価割れすることも出てきている」。日本食レストランの店主は「仕入先の問屋さんが売れないといって頭を痛めていますよ」と明かす。
 消費者の意識が一昔前と比べて変化したことが、低価格競争につながってきているようだ。別の小売店店主は「『昔は質の良い米はありますか』と聞かれた。今は『安いのはどれ』と質問されることがほとんど」と実状を説明する。
 良質の日本米を買い求めるのは、駐在員を含めて一世だ。その人口が減少していく中で、消費量が頭打ちの状態になった。
 「二世、三世はピザやマカホンを食べるようになり、米を炊く回数がぐんと減った。それに日本米とブラジル米の違いも分からなくなったと思う。それで日本米も売れ残るようになり、価格の下落を招いたのでは」(同店主)。
 利益を確保するために、基準量を超える不純物を混ぜたり、ほかの米とブレンドする業者も結構いるらしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]