ホーム | 日系社会ニュース | 2月は消化器科=人間ドック半額割引援協

2月は消化器科=人間ドック半額割引援協

2006年1月27日(金)

 サンパウロ援護協会の総合診療所では、偶数月に専門科別に人間ドック(チェックアップ)を実施しており、二月は消化器科を通常の半額料金で行う。
 今回の専門科別キャンペーンでは、消化器に関わる十三項目(血液一般、肝臓系酵素、胃カメラなど)を検査し、食道・胃・小腸・大腸・結腸・肛門・肝臓・すい臓・脾臓の健康状態を調べる。検査は南利実医師が中心になって行う。 二月一日から二十八日まで、一日二人ずつ。診療所(11・3385・6600)に要予約。朝七時半から正午で検査は終わり、約三日後に結果がでる。日・ポ両語可。
 費用は特別に三百八十九・五三レアル。坂和三郎副会長は「通常料金の七百八十三レアルでも安い。他の病院なら千六百ぐらいかかるところもある」と割安感を強調する。
 秋山幸男診療部長は、四月は心臓科、六月は泌尿器科、八月は婦人科との予定を説明。吉永大吉運営委員は「たくさんの人に利用してほしい」と呼びかけた。場所は文協ビル内(Rua Galvao Bueno, 596)。
 通常の人間ドックは、病気の早期発見を目的に行われる総合検査で、日伯友好病院でも総合診療所でも毎日行っている。本紙「健康ページ」でもその重要性を訴える連載する南医師は「できれば一年に一回、通常の人間ドックをやってほしい」と勧めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岐阜県人会フェイジョアーダ会2006年7月8日 岐阜県人会フェイジョアーダ会 2006年7月8日(土)  岐阜県人会(山田彦次会長)は、フェイジョアーダ会を十六日午前九時から午後三時まで、同県人会館で行う。 […]
  • 俳句などコンクール=七夕祭り,郵送応募もできる2006年7月28日 俳句などコンクール=七夕祭り,郵送応募もできる 2006年7月28日付け  宮城県人会(中沢宏一会長)は第二十八回サンパウロ仙台七夕祭りを、二十九日、三十日の両日開催するにあたり、祭りと同時に実施する七夕俳句、短歌、ハイカイのコンクールへの応募を呼びかけている。 […]
  • 岐阜県人会レイロン=19日に会館サロンで2006年11月11日 岐阜県人会レイロン=19日に会館サロンで 2006年11月11日付け  ブラジル岐阜県人会(山田彦次会長)主催のレイロンが十九日午前九時から同県人会館(Rua Bueno de Andrade,446)サロンで実施される。 […]
  • 全伯王将戦28日に開催=学生将棋大会は6月3日2017年5月20日 全伯王将戦28日に開催=学生将棋大会は6月3日  ブラジル将棋連盟(吉田国夫会長)主催の『第45回全伯王将戦大会』が28日午前10時から、『第12回学生将棋大会』が6月3日午前8時からリベルダーデ区の同連盟会館(Rua Galvao Bueno, 19, 3o. […]
  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]