ホーム | 日系社会ニュース | 見るも食べるも中国一色=旧正月を祝う行事=東洋人街にぎわう

見るも食べるも中国一色=旧正月を祝う行事=東洋人街にぎわう

2006年1月31日(火)

 中国の春節(旧正月)を祝う行事が二十八、二十九日、サンパウロ市リベルダーデ区であり、食べるも見るも中国一色の世界が展開され、訪れた大勢の市民を魅了した。
 小気味良いドラや太鼓の音が鳴り響く中、迫力ある獅子舞が商店街を練り歩いた。駅前広場の特設ステージでは曲芸、太極拳といった伝統芸が披露され、目抜き通りの大阪橋には新年に食べられるというギョーザなどを売る屋台が並んだ。
 ブラジル中国青年会議所が今年初めて行なったこの行事はブラジルメディアも関心。二十九日付エスタード・デ・サンパウロ紙は、「『年越し』にあたった二十八日正午には約三万人の人出があった」と伝えた。
 日本人街として発展した歴史をもつ同区だが最近は中国、台湾系の商店が優勢。旧正月は中国で最も大切な節目とされるだけに今後、サンパウロ市の夏の風物詩として定着しそうだ。
 イベントは両日とも昼夜通して行なわれた。主な街路には、あけましておめでとうを意味する「新年快樂」と中国語で書かれた赤いのぼりが立ち並んだ。さらに、同区のシンボルである街灯「すずらん灯」は別の装飾でおおわれ、「日本人街」としての表情が町から消えた印象も。
 屋台が並んだ大阪橋は、食べ物を買い求める人でぎっしり。同区在住の四十代の日本人男性は「ここで行なわれるイベントでは七夕祭りが有名だけれど、それより混雑している感じですね」と驚いていた。
 主催の青年会議所は中国らしさを盛り上げようと、スポンサーと共同し、赤い紙で出来た「すけ笠」や、くじ入りのクッキーの「お土産」を配布。同区を中国一色に染めた二日間を見事に演出した。
 のぼりを立てるなど、行事に協力したリベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長は「初めてなのに素晴らしい運営。立派なものをやってくれた、町の振興にもつながり、感謝したい。プロの仕事かな? 装飾も見事なもの」と絶賛。一方で、新しい名物行事の誕生に「目が覚めた。(毎年東洋祭りや七夕祭りを手掛ける)自分たちももっとがんばらないといけないな」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]