fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 邦楽「日蓮」を演奏=琴、尺八、コーラスなど64人――カンポスの劇場、太刀さん指揮=さくらホーム支援行事全員ボランティアで

邦楽「日蓮」を演奏=琴、尺八、コーラスなど64人――カンポスの劇場、太刀さん指揮=さくらホーム支援行事全員ボランティアで

2006年4月7日(金)

 【既報関連】カンポス・ド・ジョルドン市で先月二十五、二十六日、開催されたさくらホーム支援歌謡祭(辻雄三実行委員長)の初日、邦楽の「日蓮」が、箏曲「宮城会」(小倉祐子代表)、和楽「美和会」(斎藤ミリアン代表)らによって演奏された。奏者、コーラス合わせて六十四人という大掛かりなもの。いい舞台を得て、伝統の曲は非日系人の聴衆をも感激させた。指揮をした太刀(おおたち)村上ミリアンさんは、邦楽は非日系人にとって興味深く、日本文化の格好の宣伝になると言う。サンパウロ州文化局の関係者も今回の演奏を大いに歓迎した。
 歌謡祭は、カンポスのクラウジオ・サントーロ劇場で催された。二日間の出演者は全員ボランティア。
 「日蓮」は、宮城道雄(作曲)と佐野前光(作詞)の作品。今回は音楽教師・指揮者の太刀さんの指揮で演奏された。奏者は、宮城会の五人、美和会の九人、尺八は都山流深山会の五人さらにバイオリン、タンボール、トリアングロなど。これにテノールの小野ミチオさん、「しらはに」「ASEBEX」「椎の実学園合唱団」の合唱三十八人が加わった。「日蓮」の演奏時間は三十分で、うち合唱はおよそ半分の十五分。
 ブラジル在住者だけで、これほど大掛かりな「日蓮」の演奏をしたのは、指揮者の太刀さんによれば、初めて。太刀さんは、美和会とのつきあいが十五年ほどになり、機会をとらえては洋楽との交流・合同演奏の場を設けている。
 五日午後、今回の演奏について「非日系人の邦楽に関心のある人たちは、琴をことのほか好む。日本文化としてしっかり位置付けている。練習次第で、今後、非日系人からも琴の奏者がたくさん出てくるでしょう」と語った。
 一方、今回の芸能祭に物心両面で協力したサンパウロ州文化局東部地区支所(サンジョゼ・ドス・カンポス)のデレガード、エリアネ・マッシャードさんは、箏曲に大きな関心を寄せ、「今度だけで終わらせるのは惜しい」といい、機会があれば、演奏の機会を設けたい意向のようだ。
 歌謡祭の初日、「日蓮」演奏のほか、和太鼓、日本民謡、日本舞踊、詩吟など伝統芸能のほか、ロシア、ウクライナ、リトアニアの民族舞踊も披露された。天候にあまり恵まれなかったので出足は今一つ。関係者からは宣伝の不足も指摘された。
 二日目は、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟の協力による、サンパウロ州、パラナ州からの歌手二百人余を集めた大きな規模の歌謡祭であった。「歌唱者は歌唱料を支払う」というボランティア歌謡祭であり、実をあげた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に2019年1月29日 サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に  26日、サンパウロ市西部ピリトゥーバのバンデイランテス高速道で、バスが28人のサイクリング集団をはね、28日までに3人が死亡する事故が起きた。27日付現地紙が報じている。  事故は26日午前10時30分頃、バンデイランテス高速道がマルジナル・チエテやマルジナル・ピニェイロス […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]