ホーム | 日系社会ニュース | 沖縄県人会に44番目の支部=クリチーバで発足式典=記念芸能祭に500人超集う

沖縄県人会に44番目の支部=クリチーバで発足式典=記念芸能祭に500人超集う

2006年6月6日(火)

 ブラジル沖縄県人会で四十四番目の支部となるクリチーバ支部が誕生し、発足式典が四日、同市のクリチーバ文化援護協会会館で開かれた。二世、三世の世代が中心となって実現した今回の支部設立に、サンパウロからもバス三台の慶祝団がかけつけた。式典とあわせ、同地ではじめてとなる琉球芸能祭「沖縄芸能フェスティバル」も開かれ、五百人を超える人が終日、多彩な沖縄文化に親しんだ。
 新たに発足した沖縄県人会クリチーバ支部。第一歩を記念して、サンパウロからも、県人会本部、サントアンドレ支部からバス三台、百四十人の慶祝団が同地を訪問。会場には、用意された五百席をはるかに超える人が集まった。
 五〇年代の最盛期には六十以上の支部が活動していた沖縄県人会。近年は若い世代の会離れや都市への人口移動もあって新たな支部が生まれることはなかった。クリチーバでも戦後の一九四七年ごろから頼母子会を通じて県人が集っていたという。支部も七〇年代ごろまであったが、その後は活動も途絶えていた。
 今回の支部設立は二世、三世が中心となって実現した。創立会員は四十人。三世の上江州安秀ジョルジさん(59)が初代会長に就いた。今年二月十九日に正式に発足し、記念の日を迎えた。
 芸能祭に先立って開かれた記念式典。上江州会長は、設立にあたっての県人会本部、クリチーバ日系クラブの協力に謝意をあらわすとともに、沖縄方言で「出会ったら兄弟」を意味する言葉「いちゃりばちょーでー」を紹介。「様々な民族からなるブラジルで、私たちもまた父祖の地沖縄の文化を守り伝えていきたい」と決意を表した。
 萩生田浩次クリチーバ総領事や同地の原ルイ市議、ロンドリーナの金城ロベルト市議、パラナ日伯商工会議所の上野アントニオ会頭なども会場を訪れた。サンパウロから駆けつけた与儀昭雄会長は支部設立に喜びを表すとともに「百周年に向けて共にがんばりましょう」とその出発を祝した。
 芸能祭では、サンパウロから訪れた野村流音楽協会、野村流古典音楽保存会、琉球筝曲興陽会、筝曲保存会、琉球舞踊協会などの一行が民謡、舞踊などの琉球芸能を披露。クリチーバの人たちは民謡や、「島歌」「花」など沖縄の歌を披露した。
 「かじゃで風節」からはじまる祝いの曲と舞踊。少年の舞姿や、老夫婦に扮して踊る長寿の舞。あでやかな原色の衣装に会場から嘆声があがっていた。
 同市ではじめてとなる琉球芸能祭に、会場は終日にぎわいを見せた。初めて触れる三線(沖縄三味線)の音色に耳を傾ける人あり、手拍子をする人あり。なつかしそうに民謡の曲を口ずさむ老婦人の姿もあった。
 この日は、与儀県人会長夫人のマリアさんと、上江州会長夫人のネリさんが会場で四十年ぶりの再会を果たす場面も。北パラナのシア・ノルテ植民地での幼なじみ、高校時代はロンドリーナで寄宿生活をともにした二人、卒業後連絡が途絶えていたが、支部設立の話が出た際にお互いのことが分かったという。
 舞台上で記念の品を交換。二人は涙を浮かべながら、「変わってないね」と再会を喜んでいた。
 会場には戦後の頼母子会が始まったときから会員だった山城善正さん(77、二世)の姿もあった。
 サンパウロ州イターポリスで生まれ、戦後四六年にクリチーバへ移った山城さん。六十年の月日を経て迎えた支部設立の日に「何とも言えないくらいうれしいこと」と感慨を語っていた。
 スタートしたばかりの同支部。上江州会長の前の代表で、六〇年代に同市で日系として初の市議になった松田信照さん(77、二世)は「世代とともに混血も進んでいくだろうが、日本的なものを何か残していけたら」と期待を寄せる。
 「みなうれしがっています。良かった」と語る上江州会長。「若い人も入ってきています。県人に限らず、広く沖縄の歴史や文化を伝えていきたい」と力を込めた。
 午後三時にはじまった同フェスティバル。五時間にわたる琉球芸能の一日は、琉球国祭り太鼓の演奏でフィナーレ。カチャーシがはじまると会場全体が踊りの輪で包まれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》2018年6月13日 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》 「県の駐在員を置くこと」  県人会を「母県の出先機関」と位置付けることを提案しておられるコロニアの方もおられる。このアイデアは、コストもそれほどかからず現実的で実現可能である。  なぜなら、①ブラジルには県などの補助金を得て県人会館を設置している県が30県以上あ […]
  • 「最高の日伯文化交流に」=伯日本民謡協会50周年式典=益々の発展と次世代への継承を=100歳右田さん敬寿章授章2017年7月24日 「最高の日伯文化交流に」=伯日本民謡協会50周年式典=益々の発展と次世代への継承を=100歳右田さん敬寿章授章  ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)の創立50周年記念式典が、16日午前11時からブラジル日本文化福祉協会大講堂で開催された。同協会は1968年に民謡指導者らによって発足し、半世紀に渡って協会の発展、後継者の育成、大会の開催に努めてきた。日本民謡協会からの慶祝使節団(金 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  サンパウロ市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコ […]
  • オーリャ!2015年8月6日 オーリャ!  8月に入り、休暇を実家で過ごしていた大学生たちがサンパウロに戻り、オーリャ子の下宿先の県人会館も数週間ぶりに賑やかになった。 マリンガやクリチーバなど、サンパウロ市から遠く離れた故郷で家族とゆっくり過ごしたとか。聞けば休暇では毎回帰省するそうで、顔色を見れば幸せ具合が良く […]
  • 大耳小耳2015年6月12日 大耳小耳  5日付け佐賀新聞に、ブラジルとペルーの県人会記念式典に参加する、一般慶祝団員の募集記事が掲載された。当地は創立60周年(8月2日・サンパウロ市)、ペルーは35周年(5日・リマ)で式典を行なうのだが、両国での観光も含まれたAコースと、ブラジルのみ訪れ、親族訪問ができるBコー […]