ホーム | 日系社会ニュース | 85日間に59回公演=南米で3年間=連続記録更新=未知な自分を発見できる=マリコさん、感謝し帰国へ=自身が障害持つ身=施設訪ね勇気もらう

85日間に59回公演=南米で3年間=連続記録更新=未知な自分を発見できる=マリコさん、感謝し帰国へ=自身が障害持つ身=施設訪ね勇気もらう

2006年8月2日付け

 「歌謡大使」として八十五日間におよぶ無償の南米公演を行った、歌手中平マリコさん(48)が、三日の帰国を前に来社し、コロニアへの感謝の想いを述べた。今回の南米公演には母親の芙早恵さん(76)が同行。〇四年の四十五日間十一回公演、〇五年の五十九日間二十八回公演から大幅に日程、回数が増え、今回は八十五日間五十九回の公演をこなした。
 「まだまだ未知な部分がたくさんあります。自分が不可能だと思ったことが、ブラジルでは挑戦して可能になるのがうれしい」。
 日本でのハードなスケジュールをこなして、そのままブラジルへ。着伯当初から風邪をひき、咳きがひどかったという。「どうなることかと思ったけれど、歌い始めると鼻水も咳きも止められる。やればできるんだと思いました」。
 「日本ではきっちり下準備、段取りをしてそれを実行する。そしてできて当たり前。ところがブラジルでは、一回のリハーサルしかしなくても、本番にはきちんと合わせてできる。皆が一つになる力が強いと感じました」。
 五十九回の公演のうち、半分は初めて訪れる移住地。カンピーナス、アラサツーバ、リンス、サンセバスチャンなど。「去年行ったところでは、私の公演の手順をちゃんと覚えていてくれるし、初めてのところでも皆さん、ものすごく気をきかせてくれて」と、各地での歓迎ぶりを喜んでいた。
 今年は日本祭り、芸能祭にも参加。TVバンデイランテスの取材も受けた。
 ロンドリーナ公演では笠戸丸移民唯一の生き残りである中川トミさん(99)も来場。中平さんが花束を渡した。また、ロンドリーナ市長、赤間学院などから感謝状を受け取った。
 訪伯前、四月二十九日に旧神戸移住センターで行われた移民祭に参加し、「渡伯同胞送別の歌」を在日日系人とともに歌った中平さん。南米公演中に、各移住地で、センター保存のための署名活動を行った。
 自身が肩に障害を持つこともあり、厚生ホームや身体障害者施設など八施設を慰問。「痛い体でもここに来ることで、生きる勇気を与えてもらってる」と話し、「何もいわなくても、病院の手配をくれたコロニアの方々の気配りには感激しました」と、ブラジルでリハビリを学んでから帰国する。
 中平さんは「数多くのコロニアを廻るにつれて、どこにいっても、ブラジル社会の中で日系が大事にされていること」を実感。帰国後には、ブラジルでのつながりから、新潟や沖縄での公演、デカセギ向けの公演などの話が持ち上がっている。
 日本からブラジルへ来て、今度は逆にブラジルから日本へと活動が広がり、「歌謡大使」活躍の場は尽きない。
 真っ黒だった髪に栗色のメッシュを入れ、「日本に帰ったらブラジル人になったと言われるかしら」と嬉しそうに話し、「来年も皆様にお目にかかれるまで練習をしてきます」と何度も離伯を惜しんでいた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]