ホーム | 日系社会ニュース | カシャサを知り楽しむ=会議所=肩の力抜いたセミナー

カシャサを知り楽しむ=会議所=肩の力抜いたセミナー

2006年8月23日付け

 ブラジル日本商工会議所(田中信会頭)が、カシャサ・セミナーを十六日、同会議所で開催した。国内に約百店舗を展開しているカシャサリア「アグア・ドーセ」の社長デウフィーノ・ゴウフェトさんを迎えて、カシャサの歴史、種類、楽しみ方などが紹介された。講演後には会場を移して試飲会が行なわれ、参加者はカシャサの味を楽しんだ。
 今では、ブラジルを代表する酒として世界が知るところとなったカシャサ。毎年十三億リットルが作られ、そのうちの〇・四%のみが輸出されている。
 始まりは十六世紀ごろ。カシャサの語源は、硬い豚肉をやわらかくするためにも使われたことから「種豚」を意味する「カシャッソ」だそうだ。
 十七世紀には、サトウキビが酒用になるのを嫌い、ポルトガルが生産を禁止したこともあるが、十八世紀にはケントンなどに使われて広く普及した。
 独立の英雄チラデンテスが死に際に、「私の喉を、地元のカシャサで潤してくれ」との言葉を残したのは有名な話。カルドーゾ元大統領は「カシャサはブラジル特有のものだ」と述べた。
 カシャサは圧搾、発酵、蒸留、熟成という過程を経てつくられる蒸留酒。職人が手間をかけて行う小規模なものと、機械での量産タイプ、自家製など、その種類は数千にのぼる。「好みは人それぞれなので、悪質なものを避け、自分の好みを見つける」ことで楽しめる。
 土壌、サトウキビの質、収穫期、製法など出来上がりに影響する要素は多々あるが、中でも、熟成に使う樽の木質がカシャサの味には、決定的。
 たとえば、カルバーリョは多孔質なので希釈性の高いエーテルなどの発酵を促し、熟成の過程で「上質な部分だけが後に残る」。また、バルサムを使うと木の味がよく出て、色も黄緑がかったカシャサができるという。「数十種類の樽を使い比べ、色や香りを与える」。
 サトウキビの用途はカシャサ、砂糖、アルコールとあるが、使用するサトウキビに違いがあるわけではない。百種類ほどあるサトウキビの中で、土壌に合ったものを使う。ただ、「糖度が高いものがいいけれど」。
 また、カシャサ、アグアルデンテ、ピンガの違いは、それを定義つけた法律がある。法令四八五一によれば「カシャサはアルコール度数が三十八から四十八度で、独特の蒸留法によって作られたもの」。アグアルデンテは、カシャサ以外のサトウキビの蒸留酒が含まれると考えられる。ピンガはカシャサの俗称で、「滴る」という意味の動詞「ピンガール」に由来している。
 「来店されるお客さんの九〇%以上がカシャサは初めての人です」とアグア・ドーセ・サンパウロ支社長のバンデル・カストロさん。「低階層の飲み物」というイメージだったため、その価値が認められてきたのはここ十年というから意外。
 「まだ、全体的な(好みの)トレンドはありません。新規の方にはマイルドなものを勧めています」。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]