ホーム | 日系社会ニュース | 子供思う気持は共通=兵庫県教職員も参加=日伯教育シンポ

子供思う気持は共通=兵庫県教職員も参加=日伯教育シンポ

2006年8月24日付け

 第十七回日伯教育シンポジウムが十九日にCPP(パウリスタ教員団体)会館で開催され、来伯中の兵庫県教職員日伯教育文化交流団(田治米政美団長)四十四人が参加。会場にはパウリスタ教員団体、日伯教育連盟(UEBRAJA)などから約二百五十人の教師が集い、熱心に日本、ブラジルそれぞれの教育事情に耳を傾けていた。
 同シンポジウムには、マリア・ルシア・サンパウロ州教育局長官が出席。「〇八年の百周年に向けて、サンパウロ州内の学校約五千校、五百十万人の生徒とともに来年から日本文化のイベントを始める」と事業を紹介した。
 また、旧カンポス・サーレス校を「まべ・まなぶ美術館」に復元する計画、日本移民に関する本を出版すること、デカセギ子弟の不登校対策などを例にあげ、さらなる日伯の交流促進を訴えた。
 今年のシンポジウムのテーマは「人生にそなえて市民教育」。サンパウロ大学法学部助教授のダルモ・A・ダラーリ氏はブラジルにおける市民教育の形成過程を、歴史をおって説明。続く元サンパウロ州教育局長官のジョゼ・A・ピノッティ氏は、ブラジル教育の現状や問題点を指摘した後に、「サンパウロ自体が一つの学校であり、教育に対する姿勢、健康管理など社会全体のあり方が(教育に)重要だ」と述べた。
 大阪教育大学副学長の長尾彰夫氏は日本の教育改革、学力低下問題に触れ、「点数で測ることのできる学力でなく、社会のあり方を考えることのできる力、そういう学力をいかに伸ばすかが焦点となるべきだ」と訴えた。
 また、大阪市立大学名誉教授の桂正孝氏は、ひきこもりやニートの現状から、若者の社会的自立支援、キャリア教育のあり方を提唱した。
 講演後には会場の参加者から多くの質問が寄せられ、中途退学や教育基本法の改正について、全日制か多部制か、進学制か就学制かといった学校制度のあり方など、両国の教師は互いが抱える問題への理解を深めた。
 田治米団長は「国や制度が違っても子供を思う気持ちは同じ」と話し、ブラジルの子供と触れ合った感動、日伯教師同士の共通点など「教師それぞれが感じたものは、これから日本で花咲きます。多文化共生教育に役立てられる」と満足そうに意義を語った。
 事前にサンパウロ市内の公立校、私立校、赤間学院などを視察した交流団は、日本の学校との違いに驚き、ブラジル教師からの歓迎に感激したという。一行はイグアスー、マナウス、リオを視察し、二十五日に帰国する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]