ホーム | 日系社会ニュース | 「サントス春祭り」=バス利用者募る

「サントス春祭り」=バス利用者募る

2006年8月24日付け

 サントス厚生ホーム(青木実経営委員長)が九月三日に「サントス春祭り」を行うにあたり、援護協会はバス利用者の予約を受け付けている。
 バスは午前八時に援協前(ガルボン・ブエノ街五九六番)を出発し、サントス市内観光と魚市場見学をして、正午から春祭りに参加する。午後五時ごろ援協前に帰着する予定。
 料金は、往復のバス代と昼食費(二十レアル)を合わせて、三十五レアル。代金前払いで、予約は11・3385・6601(援協事務局)まで。原則として当日の受け付けはしない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 北海道協会 援協に5千レアル寄付=移住100周年の感謝込め2019年11月20日 北海道協会 援協に5千レアル寄付=移住100周年の感謝込め  ブラジル北海道文化福祉協会(大沼宣信会長)は12日、日伯福祉援護協会(与儀上原昭雄会長)の高齢者養護施設・サントス厚生ホームに5千レアルを寄付した。  12日午前、北海道協会の大沼会長、馬場光男副会長、平野オストン副会長、中浜弘オスマル会計理事の4人がサンパウロ市の […]
  • 和やかに62年目の同船者の集い=57年9月6日着ルイス号2019年11月8日 和やかに62年目の同船者の集い=57年9月6日着ルイス号  1957年9月6日サントス港着のオランダ船「ルイス号」の同船者会が、10月27日(日)にサンパウロ市の文協ビル5階県連会議室で行われた。当日は18人が参加し、思い出を語り合った。  彫刻家の豊田豊さん、追田空海雄さんをはじめとしたサンパウロ市内在住者や、スザノ市の高 […]
  • JICA=ブラジルを4400億円も開発支援=ODA60周年記念式典=北岡理事長「多分野で成果」2019年11月6日 JICA=ブラジルを4400億円も開発支援=ODA60周年記念式典=北岡理事長「多分野で成果」  ブラジルに対する日本の政府開発援助(ODA)が今年60周年を迎えたことを祝し、国際協力機構(JICA)は今月4日午後にサンパウロ市のジャパン・ハウスで記念式典を挙行した。日本政府は2018年までに累計4400億円を超える支援を行っており、その分野は環境、保健・医療、治 […]