ホーム | 日系社会ニュース | 基金も日本映画上映会=毎週火、木、センターで

基金も日本映画上映会=毎週火、木、センターで

2006年9月30日付け

 国際交流基金サンパウロ日本文化センター(Av. Paulista 37 1andar)は十月から同センターホールで「いつでもシネマ・日本映画定期上映会」を催す。
 毎月の第一、三週の火、木曜日に実施する。火曜日は午後八時、木曜日は午後三時からの上映。入場は無料。
 席数(八十席)に限りがあるため、先着順となっており、毎回上映開始一時間前から受付が開始される。 十二月までの上映日程は下記の通り。【十月三日、五日】=「森の学校」(〇二年、一〇八分、西垣吉春監督、DVD)、【十七日、十九日】=「アドレナリン・ドライブ」(九九年、一一二分、矢口史靖監督、十六ミリ)、【十一月七日、九日】=「どら平太」(〇〇年、一一一分、市川昆監督、十六ミリ)、【二十一日、二十三日】=「はつ恋」(九九年、一一五分、篠原哲雄、十六ミリ)、【十二月五日、七日】=「阿修羅のごとく」(〇三年、一一五分、森田芳光監督、十六ミリ)、【十九日、二十一日】=「ロボコン」(〇三年、一一八分、古厩智之監督、十六ミリ)。
 詳しくは国際交流基金サンパウロ日本文化センター
(11・3141・0843/0110)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ