ホーム | 日系社会ニュース | 待望の「太鼓の森」誕生=パ国イグアスー移住地=植えた苗木に〃聴かせた〃=若者たちの太鼓の音色=炎天の下、未来に夢

待望の「太鼓の森」誕生=パ国イグアスー移住地=植えた苗木に〃聴かせた〃=若者たちの太鼓の音色=炎天の下、未来に夢

2006年11月25日付け

 [既報関連]パラグァイのイグアスー移住地で十一日、『太鼓の森』の植林が行われた。青少年で構成する「鼓太郎」、成人の「鼓(つつみ)組」、和太鼓制作の「太鼓工房」、三組織の関係者がカナフィスト、ラパチョ(イペー)、サムウ(綿の木)など七種類の苗木を植えた。植林作業を主宰したイグアスー日本人会から幸坂佳次理事(秋田県)と平野揚三事務局長(二世、高知県)が現場に出て指揮を執った。今回の特徴は、植えられた苗木に太鼓の声(音色)を聞かせたことだ。イグアスー太鼓工房で作られた和太鼓を現場に持参して、鼓太郎と鼓組が合同で演奏し(写真)、植えられたばかりの苗木たちの門出を祝った。和太鼓生産地ならではの発想で、南米大陸で他に類を見ない試みのようだった。
 炎天の自然環境の中で響く壮大な太鼓の音色を苗木たちは心地よく感じたことであろう。苗木たちにとっては祖先の生の声だからだ。樹木には命があるので、志もあるに違いない。祖先から生の激励を受けた苗木の中には「大きな太鼓(の原料)になるように、より太く、より高く、伸びよう」という大志を抱いたものがあったであろう。その結果が出るのは半世紀も先のことであり、『太鼓の森』は未来に大きな夢を乗せているのだ。
 もともと自然保護のための植林であり、植える者には杣(そま)の地にする意識は微塵もないが、太鼓の音色に対する苗木の反応は未知数であり、人々の興味を駆り立てる。
 「鼓太郎」代表の柊本美代さん(二世)が「私たちが演奏している太鼓も木です。木を植えて、その場で太鼓を叩いて、とてもステキな気分でした。大きく育つように時々、激励に来ますよ」と抱負を述べれば、同僚の山下マルセロ君(三世、17)は「今日は暑い中でたくさんの木を植えた。これを機会にイグアスーの自然を守ることにも気を配っていきます」と自らの意識を啓発していた。 「(任期が)二年の間にこのような機会にも恵まれてとても嬉しい!木を植えるのがこのように大変なことも初めて体験した。良い思い出になりました」は、イグアスー移住地に赴任してすぐに和太鼓演奏に魅せらて「鼓組」の一員になったというJICA日系社会青年ボランティアの白石素子さん(大阪出身)の感想だ。日本語学校で中学一年生の担任をしている。
 日本経団連自然保護基金(本部・東京)の助成を受けたイグアスー日本人会(福井一朗会長・岩手県)は「交流の森」「鶴寿の森」「子供の森」「青年の森」(本紙・十月三十一日報道)と今回を合わせ、五つの森作り、という今季の目標を達成したようだ。
 助成を受けて手探りの中、去る五月にゼロから始まった植林に大きな弾みがついてきた。行動に自信を得た日本人会は来季もブラジルなど近隣諸国や日本からの大勢の参加を期待している。これも太鼓の声、か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」2021年5月5日 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」  サンパウロ州ソロカバ市の連邦警察が4月27日、世界各国にブラジル人女性を送り出していた国際的な人身売買グループ「ハーレムBR」を摘発し、国内外9カ所で家宅捜索を実施、メンバー6人を逮捕したと4月27日、5月1日付G1サイト、4月27日付国営通信アジェンシア・ブラジルな […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民2020年12月10日 コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民  「この店のエスフィッハの味はシリア本国と同じです」。今年8月にオープンしたレバノン人移民のフセイン・アリナリさん(54、タイベ生まれ)がひらいたアラブ料理店『エスフィッハ・タイバット』(Rua Triassú, […]
  • 訃報=元北海道日伯協会専務理事 島崎充也さん2020年11月18日 訃報=元北海道日伯協会専務理事 島崎充也さん  パラグアイ国イグアス移住地にある拓恩寺の島崎充也住職が、11日20時頃に同寺内で急性心不全のために亡くなった。行年77歳。13日に同寺内で葬儀、告別式を行い同移住地の墓地に埋葬された。物心両面で日本と南米の懸け橋となった生涯だった。  島崎さんは1943年3月10日 […]
  • らぷらた報知=旱魃で干上がるイグアスの滝=水流緊急事態、森林破壊が原因?2020年6月3日 らぷらた報知=旱魃で干上がるイグアスの滝=水流緊急事態、森林破壊が原因?  【らぷらた報知5月21日号】アルゼンチンメルコスール議会は、アマゾンを始め、パラナ川、イグアス川、ウルグアイ川、パラグアイ川の「水と環境の非常事態」を宣言するよう地域ブロックの国々に要請した。  これはパラグアイとアマゾン周辺地域の森林破壊によりおこるもので、現在行 […]