ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2006年12月1日付け

 世界クラブ選手権で、訪日にノリノリなのはクラブだけじゃない。インテルのスポンサー、地元のバンリスル銀行も特別融資サービスを始めた。訪日する応援団用に一万二千レアルを融資するもので、同銀行に口座を持ってなくても可で、二十四回払い。問題は、もし優勝しなかったら、二年間も悲しい借金を払い続けなくてはならないことか…。
     ◎
 サンパウロ市イタケーラ区に診療所の開所を進めている援協は現在、モジ・ダス・クルーゼス市内にも診療所を開所してほしいという依頼を受けている。同地の日系高齢者からの強い要望で、開所にあたっては空き部屋が多いモジ文協内の寄宿舎を改修しては、という案が既にでている。それを受けて早速、病院の関係者が同地の視察に訪れた。「開所には最低限の収支の安定が見込めることが前提」との声もあり、慎重に検討を進めていくようだ。
     ◎
 十一月二十七日午後三時頃、アチバイア市内の邦人宅に白人二人組の強盗が押し入り、金品を強奪する事件が起きた。総領事館の安全対策情報によれば、犯人は電話工事の名目で屋内に入った後、警官だと名乗り、「偽ドルの捜査」として現金を見せるよう要求。家人を別部屋に待機させた後、外から鍵を掛けて閉じ込め、現金、パソコンなどを盗んで逃走した。犯人は事件前に警察を装って被害者宅を訪れていた。さらに被害者は事件の一時間前に電話局に工事を依頼していたという。関連は分かっていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止2021年5月12日 《ブラジル》国家衛生監督庁が妊婦への接種中止を要請=サンパウロ州など即時停止  国家衛生監督庁(Anvisa)が10日夜、持病のある妊婦へのオックスフォード・ワクチンの接種を即刻中止するよう要請する文書を発行、複数の州が一時停止を決めたと10、11日付現地サイトが報じた。  同庁の要請はオックスフォード・ワクチンの使用説明書に従ったもので、国内 […]
  • 大耳小耳2021年5月12日 大耳小耳      ◎  本面下段に連載中の人物伝『篤成(あつなり)』の本が、編集部に入荷した。掲載開始直後に、さっそく編集部に購入希望者が現れるなど評判を呼んでいるようだ。  日本語版は142ページで30レアル、ポルトガル語版は134ページで25レアル。ともに10冊限定。当面は編集 […]
  • 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《2》2021年5月8日 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《2》  以上の諸要因に加えブラジルに従来存在しなかった害虫ビクードの蔓延が北東伯の綿作の衰退の大きな要因となった。  ビクードと呼称される害虫の学名はAnthonomus grandis、英語でboll […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《1》2021年5月7日 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《1》  はじめに  初期の日本人移住者はコーヒー園労働者としてはるばる日本よりやってきた。ところが期待していたような稼ぎは得られず、生活は楽にならない。  そこでいろいろ考えて何とか現金収入を得ることを考えたり、コーヒー農場の片隅に自家消費用の食糧を生産したりして、家計の足しにす […]