ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2006年12月8日付け

 ブラジルで普通に和牛が食べられる「市場」をつくろう、と十四年もこだわってきた人たちがいる。ブラガンサ・パウリスタに本部があるブラジル和牛生産者協会の会員たちだ。現在、会員は三十人(社)。会長の飯崎貞雄さんは、十四年間、友人、知人たちから「どうして、ブラジルでそこまでやるの?」と言われ続けてきた。ブラジルでは、十分に牛肉が供給されているのに、ということだろう▼日本の所管官庁や生産者の団体は、外国に和牛の〃タネ〃が拡散?されることを嫌う。和牛という伝統的な知的財産を守れ、というわけだ。そんな状況下で、ヤクルト商工などは米国経由で導入し、愚直なまでに日本の本物の和牛に近い牛の生産をめざしてきたのである▼近年は、受精卵の導入も可能だ。ブラジルの雌牛を〃借り腹〃にする形になるので、一〇〇%日本と同じものが生産できる。しかし、それでは面白くない。精液を入れた場合は、最初の交配で生まれた牛は五〇%和牛、その雌牛にさらに一〇〇%和牛の精液を交配すれば七五%に純度が高まる、と計算上ではいえる。実際は、こんなにうまくはいかないだろう▼ともあれ、協会の会員たちは「ブラジル産和牛」にこだわってきた。その辺が日本人らしい。飯崎さんは、これまで二十系統の和牛のタネを入れて来たという。松阪も神戸も米沢もあっただろう。いま「WAGYU」というポ語がようやく関係者の間で知られ、料理店でも食べられるようになった。努力の結晶である。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2006年4月19日 東西南北 2006年4月19日(水) […]
  • コラム オーリャ!2010年3月10日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2010年3月10日付け  先週末に沖縄県人会で開催された「さんしんの日」。様々な沖縄芸能を一日で堪能できる行事として、会館は満席、立ち見も多数という例年通りの盛り上がりだった。 […]
  • ハイランダーに判決下る=軍警4人に18年8カ月2010年7月31日 ハイランダーに判決下る=軍警4人に18年8カ月 ニッケイ新聞 2010年7月31日付け  ゾンビが人の頭を刎ね殺人を重ねるホラー映画「ハイランダー/悪魔の騎士」に比喩されるような、異様な殺人事件を起こした軍警4人に18年8カ月の実刑判決が下された。 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(66)2013年12月19日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(66) ニッケイ新聞 2013年12月19日 「もう、大昔の話ですわ。ドブ掃除ではなく、養殖が難しく、非常に珍しい品種を町中の小川で見つけまして、それで、ドブに入ったと大袈裟に言われたわけです。・・・、そんな事もありましたね」 「新種もかなり発見したと聞いておりますが」 […]
  • クリチーバ文協=将棋最強選大会を25日2012年3月16日 クリチーバ文協=将棋最強選大会を25日 ニッケイ新聞 2012年3月16日付け  クリチーバ日伯文化援護協会将棋部(木谷請海部長)は『第34回クリチーバ最強選大会』を25日午前9時から、ウベラバ会館(Rua Padre Julio Saavedra, 598, Vila Sao […]