ホーム | 文芸 | 刊行 | ピンドラーマ一月号発行

ピンドラーマ一月号発行

2007年1月5日付け

 月刊ピンドラーマの一月号が発行された。
 巻頭特集は「リオのカーニバル・その傾向と対策」。そのほか、観光ページではリオ北方の海岸ブジオスを紹介今月二十五日のサンパウロ市制記念日にちなんでサンパウロ誕生の歴史を紹介している。
 サッカーでは昨年のトヨタ世界クラブ選手権で優勝したインテルナシオナルの同行レポートを掲載。政治経済、音楽、イベント情報などおなじみのコーナーも。リベルダーデ区の日系書店、日本食レストランほか、市内各所の日本食店などで配布している。問い合わせはショーエイ出版社(11・3399・5090)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]
  • 東西南北2021年2月16日 東西南北  2021年は、カーニバルの任意休日がコロナ禍故にキャンセルされ、例年通りのカーニバルが開催されなかった前代未聞の年になった。本来なら「休日をキャンセルしたのなら、完全に平日扱いにすればいい」と考えそうだが、ブラジルは違う。足並みがそろわず、13、14日の土日に加え、15〜17 […]
  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]