ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年1月12日付け

 ブラジル製の和太鼓は桶胴式が一般的だが、イグアス移住地のイグアス太鼓工房では日本と同様に木からくりぬく。日本ではケヤキ材が主流だが、移住地では手に入らないので、ケヤキに似た木目が美しいセンダンや、硬い材質で響きのよいカナフェストを使う。鋲以外は全て移住地製だ。同工房の澤村壱番さんによれば「一個が完成するまでに三年はかかる」という。
     ◎
 宮城県人会が昨年末から実施している『ビアガーデン』が好調のようだ。同イベントは毎週金曜日午後六時から十一時まで同県人会会館の屋上で行われているもの。中沢宏一会長によれば「前回は、五十人ほど集まった」という。二十レアルで飲み放題。つまみもあるそう。
     ◎
 世界ワインコンクールで銀賞を受賞したサクラ中矢食品。現在、醤油をはじめ、味噌、日本酒、ワインなど約二百五十品目を取り扱っている。ワインに関しては、「ヴェネラビレ・シャルドネ(Venerabile Cardonnay)Ⅱ」と今回受賞した「ヴェネラビレ・カベルネ・ソーヴィニヨンⅡ」種が二〇〇四年から市場に登場。「ヴェネラビレ――」は、販売当初から日本やヨーロッパの国々の市場にも登場しているという。なお、二〇〇六年度版も近々販売される予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ