ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年1月18日付け


 自動車洗車作業員の男性(25)は十二日午後三時ごろ、ロタソン(マイクロバス)に乗ろうとパウリスタ鉄道ピニェイロス駅のバス停に着いたが、バスは目の前で出発した。激しい歯痛で歯医者に早く着きたかった男性は、口笛で合図しながらバスの後を走って追いかけたが、バスは止まってくれなかった。その直後にバスは轟音、地響きとともに地面の下に吸い込まれた。「助かったのは神様のおかげ」と男性。
     ◎
 サンパウロ州リベイロン・プレット市で十五日、誘拐を偽装して恋人(16)の家族から身代金をせしめようとした配管工(21)が逮捕された。容疑者は仕事に行くと朝六時に家を出た一時間後、声を変えて恋人の家に電話し、一万二〇〇〇レアルを要求した。家族は警察に通報。警察は通話を逆探知し、容疑者が使っていた公衆電話をつきとめた。
     ◎
 大サンパウロ市圏サンカエターノ・ド・スル市で十六日早朝、三人組の強盗がショーハウスに押し入り、店長と従業員を殴って縛りあげた後、金庫から七〇〇〇レアルを奪い、警備員一人を射殺して逃走。
     ◎
 ミナス・ジェライス州では昨年十月から豪雨を原因とする災害で二十三人が死亡、九八市が非常事態を宣言した。
     ◎
 ブラジルには両親のいない孤児が十五万人、父または母のいない子が三七〇万人いる。特に母が妊娠した後、父が蒸発または死亡した例は三〇〇万人と多い。世界では九番目に孤児の多い国である。世界で一番孤児が多いのはインド、続いて中国。アフリカでは孤児になった原因の八〇%が、両親のエイズによる死亡という。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年1月23日 東西南北  19日付本紙でも報じた、18日にリオのコパカバーナで自動車を暴走させ、生後8カ月の赤ちゃんを轢き殺してしまった運転手のアントニオ・デ・アルメイダ・アナキム容疑者(41)が、19日に釈放された。同容疑者は勾留中に飲酒や薬物摂取のテストも行なったが、共に陰性反応。暴走の理由とされ […]
  • ブラジルの自動車メーカー=カーニバルに長期休暇?=1月の生産増にも関わらず2017年2月9日 ブラジルの自動車メーカー=カーニバルに長期休暇?=1月の生産増にも関わらず  ブラジルの1月の自動車生産台数が昨年同月比で17%増えたと報じられた翌日の7日、国内の自動車メーカー各社が、カーニバルを利用して生産調整を行う意向を表明し始めたと8日付エスタード紙が報じた。  6日に行われた、乗用車、小型商用車、トラック、バスを含む自動車の生産台数が17% […]
  • またも軍警の報復私刑?=G市で4人死亡、1人重傷=昨年末の軍警の死が関連か2016年1月5日 またも軍警の報復私刑?=G市で4人死亡、1人重傷=昨年末の軍警の死が関連か  サンパウロ州市警は、2日未明にグアルーリョス(G)市で起きた、4人の死者と1人の負傷者を出した集団殺人事件を捜査していると2、3日付伯字各紙サイトが報じた。 市警では、この事件は昨年12月30日に非番の軍警が車の部品店での強盗事件に巻き込まれて死亡した事の報復と見て調べている […]
  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • 〝第二の自動車ブーム〟到来=ABCからサンパウロ州内陸部へ=新工場が三角地帯に続々=年間580万台体制か2013年10月25日 〝第二の自動車ブーム〟到来=ABCからサンパウロ州内陸部へ=新工場が三角地帯に続々=年間580万台体制か ニッケイ新聞 2013年10月25日  ブラジルの自動車産業〃発祥の地〃ともいえるサンパウロ市近郊ABC地区は、サントス港から近く、1959年以降、当地に進出する外国メーカーの投資が集中した地域だ。2012年に連邦政府がINOVAR—AUTO(自動車の技術革新と生産強化奨 […]