ホーム | 日系社会ニュース | 思い起こす間部の生涯=日経新聞連載を=2月から本紙転載

思い起こす間部の生涯=日経新聞連載を=2月から本紙転載

2007年1月25日付け

 間部学没後十周年を記念して、ニッケイ新聞は日本経済新聞の許可を得て、間部氏の生涯を描いた連載記事を、スダメリス銀行の協賛で二月から転載することになった。
 九七年九月二十二日に七十三歳で亡くなった間部学氏。この連載『私の履歴書 マナブ間部』は日本経済新聞に九三年十二月一日から三十一日まで三十回にわたって掲載された。
 よしの代表は「何も飾っていない。間部の生きてきた道そのままが書いてある」と太鼓判を捺す。
 協賛するスダメリス銀行の清水潔(きよし)オリジオ取締役は、同行にもたくさんの間部作品が飾られているとし、「この記事はもっとみんなに知ってもらいたいと思った」と協賛した理由を語った。
 本紙では『コーヒー園に雨が降る』というタイトルで、今月末から中面に連続で掲載する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ