ホーム | 日系社会ニュース | 4日、幼少年剣道大会=剣連、18支部の選手集めて

4日、幼少年剣道大会=剣連、18支部の選手集めて

2007年1月31日付け

 ブラジル剣道連盟(児島修徳会長)は、第二十五回幼少年ブラジル剣道大会を、二月四日午前八時から、イッペークラブ(Rua Ipe 103, Ibirapuera Sao Paulo)で開催する。二〇〇九年の第十四回剣道世界選手権大会がブラジルで開催されることが決まったため、関係者は大会準備に余念がない。
 出場者はロンドリーナ、リオからの参加者を迎えて、十八支部百十人。幼々年、幼年、少年らが個人戦、団体戦を競う。
 前日の三日には講習会、昇段試験が行われる。午前八時半から「剣道形の講習(林パウロ講師)」、午前十時半から「審判講習(蛯原忠男講師)」、午後一時半から昇段試験(一級から七段)。

image_print

こちらの記事もどうぞ