ホーム | 日系社会ニュース | 新体制に一世の声を=文協評議員選挙=「しんせいきのかい」発足=77の団体、個人が賛同=18日に〝決起集会〟

新体制に一世の声を=文協評議員選挙=「しんせいきのかい」発足=77の団体、個人が賛同=18日に〝決起集会〟

2007年3月13日付け

 文協選挙にのろし!?――。評議員選挙が行われる今月三十一日の総会を三週間後に控え、「文協運営の中で、皆の力を結集し、強力な提案を行い、日系コロニアの支持を受けられる文協に改める」ことを目的に『しんせいきのかい』(仮称)が結成された。名を連ねるのは、評議員選挙に立候補している一世を中心とした二十の団体、五十七の個人。世話役の小山昭朗代表(ブラジル・ニッポン移住者協会会長)は、「(理事会の)シャッパを作ることは考えていない」としながらも、多くの評議員を送り込むことにより、新体制内で発言権を強めようという考えだ。「志を同にする仲間と当選する方法を検討したい」と、十八日にはブラジル日本語センターで〃決起集会〃も行うという。
 「一世の意見が反映されていない」と小山代表は現在の文協の体質を指摘、日本との関係には一世の力が欠かせない、と続ける。
 「リーダーとして方向性を示し、日系コロニアを代表する文協」を目標にする『しんせいきのかい』の趣旨に同意する七十七の立候補者のほとんどが一世。
 新潟、秋田、大分、宮崎、福島、北海道、熊本、宮城、長崎、島根、山形の十一県人会、日本語センター、コチア青年連絡協議会、農拓協などの団体のほか、川合昭、谷広海、飯島秀昭、井料堅治、中沢宏一、岡野脩平、重岡康人、網野弥太郎、菊地義治(敬称略)らの個人が名乗りを挙げている。
 一世VS二世という〇五年の文協選挙の構造が浮かんでくるが、小山代表は「独自のシャッパを作るのは考えていないし、実際難しい」と考えている。
 しかし、理事会シャッパへの投票権を持つ評議員を多く誕生させることにより、新体制作りの過程から力を強め、発言権を増そうという狙いがあるようだ。
 「約千八百人の会員に郵送で協力をお願いし、立候補者の名簿を新聞広告で発表する」と今週にも選挙活動をスタートさせるという。
 日系ウニオン(元・樹の会)の諸川有朋会長は、「地方の声を拾い、文化を伝える本来の文協にしなければ」と改革の必要を強く訴えている。
 決起集会は、十八日午前十時から、ブラジル日本語センター(Rua Manuel de Paiva 45)で行う。会費は十五レアル。「全候補者が当選するための方法について検討、文協や日系社会の将来について意見交換したい」としている。
 詳しくは世話役代表、小山(11・3277・5155)、徳力(11・3981・1648)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2018年11月22日 ■今週末の催し  24日(土曜日)  格安マッサージの日、午前8時半、鬼木東洋医学専門学校(Rua Astorga, 1019, Vila Guilhermina)      ◎  夏の蘭展、午前9時、文協ビル文化スペース(Rua Galvão Bueno, 596, […]
  • コチア青年講演会、24日=二世ら座談会、世代継承目的に2018年11月20日 コチア青年講演会、24日=二世ら座談会、世代継承目的に  コチア青年連絡評議会(前田進会長)は、『講演会』を24日午後1時から熟年クラブ連合会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]
  • ■訃報■南雲良治さん2018年11月9日 ■訃報■南雲良治さん  ブラジル新潟県人会の現会長、南雲良治さんが先月30日、肝臓癌のため入院先のサンパウロ市内病院で亡くなった。享年82。  南雲さんは新潟県立加茂農林高等学校を卒業後、コチア青年1次3回として56年に移住。婿養子として結婚し、リンスで珈琲栽培など農業に従事した。60年代 […]
  • コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会2018年10月20日 コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会  コチア青年連絡協議会(前田進会長)が主催する「古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会」が14日、サンパウロ市の宮城県人会館で行われ100人余りが集まり、何十年ぶりに再会した友らと語り合った。  最初に先亡者に黙祷を捧げ、前田会長が「今日一日、旧交を温めましょう」と挨拶、来賓の […]
  • コチア青年、合同祝賀会=古希、喜寿、傘寿、米寿祝う2018年10月9日 コチア青年、合同祝賀会=古希、喜寿、傘寿、米寿祝う  コチア青年連絡評議会(前田進会長)は、コチア青年とその家族、賛助会員を対象とした「古希、喜寿、傘寿、米寿の合同祝賀祭」を14日午前10時から、宮城県人会館(Rua Fagundes, […]