ホーム | 日系社会ニュース | 第3回大会=農業婦人ら情報交換=ボリビア沖縄移住地からも参加=ADESCを軸に=農拓協主催

第3回大会=農業婦人ら情報交換=ボリビア沖縄移住地からも参加=ADESCを軸に=農拓協主催

2007年3月16日付け

 第三回農業婦人大会(ブラジル農業拓殖協同組合中央会(以下、農拓協)主催)が、十四、五の両日、リベルダーデ区のホテル「バロン・ルー」で開催された。ボリビアの沖縄移住地からも有志七人が参加し、ADESC(農協婦人部連合会)からの十一支部を含め、グァタパラ、パラナ州のインテグラード、ミナスジェライス州ドウラードスなど十八カ所から約五十人の婦人らが集った。二日間にわたって講演、各婦人部の現状報告、グループ討論などを実施。各地での経験を共有するとともに、後継者の取り込みについて意識の持ち様、組織のあり方などの意見交換が活発に行われた。
 手作りの大会なので気軽に話をして、生(なま)の情報交換を――。大会の実施計画はADESCの役員を中心とした委員会によって立案され、地域別に分けない、座席を固定しないなど、率直な意見交換、積極的な交流がしやすいように工夫。
 一回目、二回目の参加者が三十人に満たなかったのに対し、今回はボリビアや、パラナ州カストロ、ミナス・ジェライス州サンゴンタルドなどから初めての参加者を加え、人数は倍増し、「国際色豊か(吉泉美和子ADESC会長)」な大会となった。
 十四日に行われた開会式には農拓協の近藤四郎会長、JATAKの馬場光男サンパウロ事務所長、野末雅彦JICAサンパウロ支所次長らが来賓として出席し、近藤会長が「南米の農業は注目を集めている。ブラジルが世界の食料供給地になる日もやってくるだろう。万全を期してそのときを待ちましょう」と、激励の言葉を贈った。
 一日目の講演は、サンタクルス病院に勤務する金城ソラヤさんによる「生活の質をいかに改善していくか」について。呼吸の仕方や軽く体を動かしてのリラックス法などが紹介され、参加者も一緒になって実演。二日目には、イビウーナで菊栽培を行っているシラハタ・ヨウイチさんとコレジオ・ブラジリアの坂本アヤコ校長、森本ルシア・サンパウロ蘭協会会長が自身の経験について講演を行った。
 シラハタさんは各婦人部、ADESCでの後継者問題にふれ、「組織の役員は、会員に〃お願い〃をする心が大事。『しなくてはいけない』ではなくて『してくれませんか』という態度を持つことがいい」とアドバイスを送った。
 体験発表を通して、進行役の栖原マリーナさんは、「三人の成功者に共通しているのは、夢があることと挑戦心があること」を総括。〃仕方ない〃という感覚での生活から、実現したい目標に向かって挑む心意気を持っての生活へと、参加者を鼓舞した。
 大会最後のグループ討論で、「婦人部の活動は自分自身のためにもなる」「すぐに『ノー』と言わず、継続して地域の問題に取り組んでいきたい」などと参加の感想が述べられた。大会での交流の成果は、地の代表らが地域へ持ち帰り、今後の活動に活かされることになる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 草の根=SC日本病院へ人工呼吸器=在サンパウロ総領事館が供与式13日2021年5月19日 草の根=SC日本病院へ人工呼吸器=在サンパウロ総領事館が供与式13日  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は5月13日、昨年7月28日に贈与契約を結んだ草の根・人間の安全保障無償資金協力の「サンタクルス病院人工呼吸器整備計画」の供与式を、同院82周年記念式典と共に行った。 […]
  • 特別寄稿=単身ブラジル駐在員コロナ体験記=「このまま死んでしまうかも…」=家族と咳こらえてビデオ通話2021年5月14日 特別寄稿=単身ブラジル駐在員コロナ体験記=「このまま死んでしまうかも…」=家族と咳こらえてビデオ通話  私は、最近日本からサンパウロ市に単身赴任してきた新米駐在員だが、今年3月中旬に新型コロナウイルスに罹り、入院した。  当初、悪寒を感じ、検温したところ体温は37・3度。念のためPCR検査を受けたところ、『陽性』であった。それでも体調は悪くなく「しばらく自宅で療養して […]
  • サンタクルス日本病院に改名=「国内トップレベル目指す」=最新がんセンター来年3月開設2021年5月14日 サンタクルス日本病院に改名=「国内トップレベル目指す」=最新がんセンター来年3月開設  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(佐籐マリオ理事長)は82回目の創立記念日4月29日を機に、病院名を「サンタクルス日本病院」に改名する式典を13日に同施設で行った。その際、佐籐理事長は「その名に恥じぬよう、国内トップレベルの病院となる事を目指します」との意気 […]