ホーム | 日系社会ニュース | 田村会長が就任=アセル新体制に

田村会長が就任=アセル新体制に

2007年3月17日付け

 [ロンドリーナ]ロンドリーナ文化体育協会(ACEL)の新会長に田村ジャイロさんが決まり、去る二月二十八日午後七時半から、同協会で就任式が行われた。席上、七年間会長を務めた鈴木勇さんに感謝をあらわすプラッカが贈られた。
 金城ロベルト・ロンドリーナ市議、原ルイス・クリチーバ市議、市長代理らが田村会長の就任を祝うあいさつをした。平間靖旺評議委員長が「鈴木前会長は、アセル施設の売却、カンペストレへの移転などアセルの再生に尽力した」と功績を称えた。
 鈴木、田村新旧会長の夫人たちに花束が贈呈され、会長職引き渡しの署名が行われた。さらに理事会と評議員会の新役員が発表された。乾杯のあと、夕食会に移った。
 《新役員》会長=田村ジャイロ、副会長=鈴木勇、平岩ジョージ、西原ミゲル、溝越エリオ、高岡ミルトン、鈴木ネルソン、会計=江国ミゲル、北川ワルデマル、書記=小山ジョージ、水野マウロ、資産=吉井篤、社交=宮本ソニア、法務=田中寅松、田中カシオ、文化=鈴木ドミンゴ、広岡栄吉。 (中川芳則通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ