ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年3月23日付け

 カタカナ表記はできるだけしたくない、と普段から思っているのだが、次の言葉はアメリカでよく使われているというので…▼それは「サクセスフル・エイジング」。「成功した幸運な老い」、あるいは進行形で「自身が成功していると自覚し幸せに老いる」とでもなろうか。実は、この言葉、日本語に置き換えられない、といわれる。アメリカでは、老いてもなお自立していて、社会のために役立つよう生きることを言っているようだ▼息子、娘を育てあげ、それらこどもたちから、一緒に住もうと誘われても、こどもたちにはこどもたちの生活があろうから、と同居をしない。生活費を援助しようといわれても、年金で十分暮らしていける、と断る。体力が許せば、ボランティア活動を行う。これがアメリカ流▼わがコロニアでこの言葉にふさわしい生き方は、といえば、子や孫に囲まれ、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と大切にされながら趣味に生き、老衰で人生を閉じる、であろうか▼思えば、移民一世がアメリカ流をやろうとすれば、子育て期や壮年期から計画的に生活してこなければならなかった。いま急に、は成らない。計画的にやろうにもできなかったという人が大半であろう。ある程度産をなした人も、老後は子の世話になろう、と考えてきた。子をしっかり育てさえしたら、それが世間的に美風であるともいえた▼「サクセスフル・エイジング」に定義はないと考えたい。今後は自分流のそれを見出していこう。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「停電」も意外と良いもんだ?2020年6月2日 「停電」も意外と良いもんだ?  17日、クアレンテーナ(検疫)中の日曜朝10時、起床していつもどおりシャワーを浴びようとバスルームにいくと、お湯がでない。「壊れたのか?」と思ったら電気もつかず、停電していた。  どうやら予告なしの電気工事が家の前で行われていることが停電の原因だそう。「不便だな…」 […]
  • 大耳小耳2009年12月10日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年12月10日付け […]
  • レイ・セッカの検問強化=サンパウロ市では週後半から毎日に2010年8月10日 レイ・セッカの検問強化=サンパウロ市では週後半から毎日に ニッケイ新聞 2010年8月10日付け  サンパウロ市の軍警が7月から飲酒運転の取締りを強化し、木曜から日曜だけだった検問を毎日行っていると9日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 援協福祉センター設計者は――台湾系親子の「SHIEH」2007年4月6日 援協福祉センター設計者は――台湾系親子の「SHIEH」 2007年4月6日付け  【既報関連】「非常に光栄です。日系コロニアのためによいセンターを設計したい」―。「援協福祉センター」の設計を手掛ける「SHIEH社」代表の謝学堯(55、Shieh shueh […]
  • コメの本場レジストロでも=文協、年末の餅つき2007年1月5日 コメの本場レジストロでも=文協、年末の餅つき 2007年1月5日付け  【レジストロ】もち米の名産地レジストロでは、先月三十日、文協主催で、恒例の「餅つき」を行った。もち米を蒸かす婦人たちは朝三時半起き、餅を搗く男性も四時三十分から仕事を始めた。 […]