ホーム | 日系社会ニュース | よく働いて=部活動熱心=カンピーナス文協婦人部

よく働いて=部活動熱心=カンピーナス文協婦人部

2007年3月28日付け

 [カンピーナス]カンピーナス文協(花田忠義会長)は、十一日、会館体育館で日本祭りを開催した。文化活動費捻出の一環である。バザリスタがおよそ六十店出店した。婦人部は早朝から働きづくめ、弁当、すし、焼きそば、てんぷらなど千食以上をつくり売り上げた。花田会長は台所に出向き労をねぎらった。
 婦人部役員がつぎのように改選された。名誉会長=工藤美代子、顧問=奥茂富子、塚田千歳、相談役=今野和江、山口依子、吉田幸子、井上麗子、会長=矢島博子、副会長=須藤テレザ、前田順子、杉森ヨランダ、書記=日・堀百合子、今崎千代子、ポ・花田正子、安永ふみの、会計=伊藤オルガ、須藤テレザ、監査=林ラウラ、岩島えいこ、秋山えいこ、演芸=中島澄美江、久保富子、渉外=山口依子、花田正子、料理=丹野京子、菊田時江、井関京子、讃井美津子、塚田富子、小林幸子。
 婦人部は、文協はじめカンピーナス地方の各催しに全面協力、さらに会員の親睦、文化活動として、部活動を強力にすすめたいとしている。部活動は盆踊り練習、コーラス、生け花、アルテレグーメとフロール、ダンス、料理、旅行。その他カラオケ、日本舞踊、講話、ビンゴなど。(樋口四郎さん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、サンパウロ市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさか […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]