ホーム | 日系社会ニュース | 援協福祉部=お見合い会

援協福祉部=お見合い会

2007年3月29日付け

 第三十二回援協福祉部お見合い会が、四月一日、午前七時半から午後四時半まで、アルジャのシャカラ・アザレイアで行われる。オニブスが、午前七時、文協ビル前から出る。会費、服装などに関する問い合わせは電話3385・6606へ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年2月7日 大耳小耳  南銀創立の功労者・粟津金六氏(1893―1979年)は熊本県出身、神戸商業学校卒業。移民でなく、1914年に農務省の海外実業研究派遣生として渡伯し、日本大使館に勤務した。1923年に提出された日本移民入国制限を盛り込んだレイス法案の撤回に全力を尽くし、田付七太大使と共にパ […]
  • 総会でつつがなく〇六年度承認=草の根資金で日語校改修=西部アマゾン日伯協会2006年5月3日 総会でつつがなく〇六年度承認=草の根資金で日語校改修=西部アマゾン日伯協会 2006年5月3日(水)  西部アマゾン日伯協会(村山惟元会長=マナウス市)は三月十九日に第二十七回定期総会を開催した。つつがなく〇五年度の決算・事業報告や、〇六年度の予算・活動計画が承認され、役員改選で村山会長の再選が決まった。 […]
  • コロンビア=閉塞状態の人質解放=ルーラ大統領が唯一の望み2008年4月11日 コロンビア=閉塞状態の人質解放=ルーラ大統領が唯一の望み ニッケイ新聞 2008年4月11日付け […]
  • 東本願寺マユーリ学園運動会2004年9月23日 東本願寺マユーリ学園運動会 9月23日(木) […]
  • ブラジル人も目立った2014年10月30日 文協古本市、今回も盛況=1万2千レ超を売り上げ  ブラジル日本文化福祉協会図書委員会(林まどか委員長)が「春の古本市」を26日に文協ビル展示室で開催し、約430人の来場者でにぎわった。 ボランティア約50人が協力し、日本語の古本・雑誌・漫画類を中心に約8千冊が2~10レアルの格安価格で販売された。来場者の大半は日本人だっ […]