ホーム | 日系社会ニュース | 援協4月定例会、黒字計上=創立60周年式典の開催日発表

援協4月定例会、黒字計上=創立60周年式典の開催日発表

定例会の様子

定例会の様子

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「定例役員会」を4月25日、聖市の本部ビルで開催した。援協創立60周年に関し、記念式典が8月12日午後7時から聖市議会議事堂にて開催される予定だと発表され、その記念誌発行の進捗状況が報告された。2018年度事業報告書と決算書の審議と承認も行われた。
 他にサンパウロ日伯援護協会の森エリオ理事が常任理事に昇格したことを報告。足立操事務局長が5月13日から6月4日にかけて訪日し、日本財団や公益財団法人日本国際協力財団などを訪問、事業報告を行う予定。
 日伯友好病院を除く3月度決算では、一年分の日本政府「海外移住者保護謝金」が振り込まれ、3月分収入に計上されたことにより5万9422レアルの黒字を計上。同病院を含む全体では1259万3695レアルの黒字を計上した。


□関連コラム□大耳小耳

 サンパウロ日伯援護協会の福祉部門を独立させた「日伯福祉援護協会」が運営する福祉施設では、経済的事情から利用費を満額支払えない入居者も受け入れているそう。援協全体の3月度決算では、日伯友好病院を除いても約6万レアルの黒字だが、これは日本政府「海外移住者保護謝金」の一年分支給による恩恵が大きい。普段は基本的に赤字だ。日伯友好病院の利益で補うことにより、援協は福祉施設を運営できている。だが、病院と福祉施設の両方を持ち合わせている日系組織は、援協とアマゾニア日伯援護協会ぐらいのもの。こどものその、憩の園、希望の家のような福祉施設のみで運営を行う組織は、極めて厳しい状況が続く。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も2019年5月18日 インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も  トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は「インディオツアー」を11日に実施した。駐在員やその家族ら24人が参加し、インジオの儀式を見学、体験して先住民文化に触れた。  普段はマット・グロッソ州のインジオ保護区「シングー国立公園」に暮らすインジオ部族「クイクロ族」が […]