ホーム | 日系社会ニュース | 記念事業の審議は後送り=百周年定期総会=07年分の予算のみ承認=今週、一般伯字紙向け会見へ

記念事業の審議は後送り=百周年定期総会=07年分の予算のみ承認=今週、一般伯字紙向け会見へ

2007年4月18日付け

 ブラジル日本移民百周年記念協会(上原幸啓理事長)の定期総会が十四日午前、文協展示室で行われ、〇八年の記念事業分を視野に入れた審議を求める声を振りきって、〇七年度分のみの百六万レアルの予算を承認した。十日に官報掲載された免税口座団体「日伯社会文化統合機構」のブラジル法務省正式認可に合わせて、今週にもブラジル一般マスコミ向けの大規模な記者会見が行われる見通しだと発表された。
 最初に会計理事が〇六年度分の会計報告を行った。総収入は約三十万レアルで、うちスダメリス銀行はCAP100分として四万三千レアル、イベントへの協力費として八万レアルを寄付しており、全収入の四割を占めた。ほかの主な収入は会費の十二万七千レアルだった。総支出は二十七万レアルで、繰越金は二万八千レアル。
 続いて〇七年予算を提案。総収入は百六万レアルで、内訳は会費二十万、協賛金四十万、CAP100分二十二万など。総支出も同額で、人件費十五万、外注費十万、地方への旅費十万に加え、プレイベントに関わる経費四十万が計上されている。
 質疑にたった援協の菊池義治副会長は穏やかだが断固とした口調で、「今年のうちにきちんと予算を作って承認しておかないと、来年になってからじゃ、大きな事業はできないですよ。もう一回考え直して、みんなが納得する予算にしたほうがいい」と訴えた。
 ブラジル日本移住者協会の小山昭朗会長も「こんな小さい議論やっていても仕方ない。来年も含めた資金をどう集めるかを議論すべき」と訴えた。
 広島県人会の大西博己会長(県連代表)や池田昭博氏(サンタクルス病院)などから同協会と免税口座団体(OSCIP)「日伯社会文化統合機構」との関係を質問され、そのたびに渡部和夫顧問がマイクを握って説明する場面が今回もみられた。
 議長役の上原理事長は、反対者四人が手を挙げるのを押し切って採決し、〇七年度予算は承認された。
 続いて、〇六年中に百周年理事会が承認した七十八の新規プロジェクトが追認された。ほとんどはアポイオ(支援)で同協会は資金的協力をする必要のない事業だが、唯一の例外は文協ビル改装計画で「できる限りの資金的な協力をする」と吉岡黎明プロジェクト委員長は明言。
 総会は午前十一時半、二時間未満で終了した。加盟する百十団体のうち三十団体の参加しかなく、低調な関心をうかがわせた。
 三月の理事会で承認された記念事業総額は約七百三十九万ドル(約八億五千七百万円)であり、今総会ではその事業内容や集金方法にふれることはなかった。
 その件を重ねて問うと、松尾執行委員長は「みなさんが言われるように、はやく記念事業全体の話をしなくては」と苦渋の表情を浮かべ、「たしかに今まで外部に対する記念事業の説明が足りなかった。五月には一般向けのきちんとした説明会ができるようにしたい」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • 2014年8月18日 【安倍首相来伯特集】あいさつ 経済交流深化の気運を期待=ブラジル日本商工会議所 会頭 藤井 晋介 安倍首相来伯記念特別号の発行にあたり、ご挨拶申し上げます。 この度、10年ぶりに実現した首相来伯は、短いながらも内容は大変充実したものでした。首相は、8月1日に行われたブラジル経済界との意見交換会において、 […]
  • 大耳小耳2013年4月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年4月25日 […]
  • 2008年11月1日 日系社会の支援に感謝=激戦のサンパウロ市議選で当選=羽藤、神谷両市議に聞く ニッケイ新聞 2008年11月1日付け  先月五日に投開票が行なわれた統一地方選。サンパウロ市議会選挙は四十五の議席に一千人以上の候補がひしめく激戦となった。日系人の候補も二十九人が〃乱立〃。結果、現職の野村アウレリオ市議(PV)が惜しくも落選し、前回の当選数四人から二人 […]
  • 新春編集部座談会=「ざっくばらんでいこう」=取材記者が大いに語る=百周年をぶった切る!2008年1月1日 新春編集部座談会=「ざっくばらんでいこう」=取材記者が大いに語る=百周年をぶった切る! ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  ブラジル日本移民百周年、日伯交流年がついにスタートした。堀村隆彦前大使の言を借りれば〇六年は〃加速の年〃、西林万寿夫在聖総領事によれば昨年は〃仕上げの年〃だったのだが、現況はいかがなものか。本紙編集部はコロニア最大の関心事である百周 […]