ホーム | 日系社会ニュース | 新谷教授語る=若さと長生きの秘訣=野菜、未精製穀物、海藻がいい=ストレスためない=夕食は午後6時までに

新谷教授語る=若さと長生きの秘訣=野菜、未精製穀物、海藻がいい=ストレスためない=夕食は午後6時までに

2007年4月22日付け

 「若さと長生きの秘訣は健康な腸相にある」――。四十数年にわたり日米をはじめ三十万人以上の胃や腸を検査してきた新谷弘実アルバート・アインスタイン医科大学外科教授(72)が二十一日、「病気にならない生き方」と題した講演会をサンパウロ市内のホテルで開いた。アニュー有限会社の主催。午前中に専門医を集めたセミナー、午後からは一般聴講者を迎えての講演会をおこない、満席の会場からは同教授が提案する独自の食事法に大きな関心が寄せられていた。
 十九歳の時から薬を飲んでいないという新谷教授は、病気をせずに若さと健康を保つためには、体内酵素「ミラクル・エンザイム」を消耗せずに、良い胃相や腸相を維持する食・生活習慣が基本と主張する。
 同教授が考案した「ビオジマ食事法」は、肉や乳製品、アルコール類を避け、穀物や野菜、果物、海藻類を中心にした食事法を指す。肉食・乳製品を多く摂取すると、大腸ガンやポリープの発生率を高め、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす要因になるという。
 食事法の具体例としては、毎食一時間ほど前にミネラルウオーターをコップ二、三杯(五百ミリリットル)を飲むようにし、一日二リットルを目安にする。お茶類は麦茶、そば茶、カモミールなどハーブ茶にし、ペットボトル製品ではなく自分で作ったものを飲む。
 またコーヒー、日本茶、中国茶、紅茶、どくだみ茶、杜仲茶、人工甘味料入りのソーダ類やスポーツドリンクを飲まないようにする。日本人の胃がん発生率がアメリカの十倍に達するのは、緑茶などに含まれるカテキンが胃の細胞を傷つけるためだと説明する。
 白砂糖の過剰摂取についても体を酸化させ、糖尿病、動脈硬化、低血圧、脳梗塞、心筋梗塞の要因となると指摘。精神状態もいらいらし、怒りやすく、うつ病につながる。
 このほか食物添加物入りの加工食品、特にバター、クリーム、マーガリンはとらないにようにする。マーガリンに関しては成分構造がプラスチックとほとんど同じで、人間が食べるものではないと同教授。刺激が強い胡椒や唐辛子、キムチなども少量に控え、高血圧、腎臓病、心臓病を誘発する塩分の強い食品を控えるようにする。
 さらに新谷教授は健康イメージが強い牛乳や乳製品は長年の臨床結果から、心臓の冠動脈性疾患、前立線ガンの発生率を高め、潰瘍性大腸炎、骨そしょう症を引き起こす原因になるという。また学校給食での牛乳にも触れて、新生児は母乳で育て「子どもでも牛乳が好きな子以外は無理に飲ませないほうがいい」とアドバイスした。
 新谷教授は食事バランスの目安として「野菜類を八割以上、肉を二割以下」に抑えるべきと解説する。新鮮な野菜のほかに未精製の穀物類、栄養価の高い玄米、わかめやこんぶ、ひじきなどミネラル分が豊富な海藻類を中心にし、体内酵素を補う生魚や小えびのほか、みそなどの発酵食品をとるようにする。肉を食べるときは脂肪分の少ない地鶏肉がおすすめだ。
 また食事は遅くとも午後六時ごろまでに済ませ、就寝中には「胃を空にすること」。食べるときも七十回以上噛んで飲み込むようにすると消化によい。
 同教授によれば、これらの食事法を心がければ、一年で腸の状態が正常にもどり、健康な生活がおくれるようになるという。
 新谷教授は講演後のインタビューで、「自分の気持ちに正直に生き、ストレスをためない生活」が長生きのポイントになるとコメント。「仕事ばかりでなく、自分の好きな時間をしっかりもち、楽しく前向きな気持ちを保つのが大切です」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫2021年1月15日 特別寄稿=まぼろしの『十九の春』=聖市在住 醍醐麻沙夫 「私があなたに惚れたのは、ちょうど十九の春でした。いまさら離縁というならば、もとの十九にしておくれ」  これは安里屋(あさとや)ユンタなどと並んで最も知られている沖縄の歌「十九の春」の最初の歌詞です。  もとの十九にしておくれ、と言われてもかなり困るけど、彼女の […]
  • コロナ禍でも商売開始!!=シリア移民が携帯電話雑貨店2021年1月7日 コロナ禍でも商売開始!!=シリア移民が携帯電話雑貨店  昨年10月29日、携帯電話の備品やその他小間物雑貨を販売する『ブラジシリオ(BRASISIRIO)』(Rua Onze de […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第100話2021年1月6日 中島宏著『クリスト・レイ』第100話  ブラジルの主要な輸出製品であるコーヒーの輸出が、それまでには見られなかったほどの減少ぶりを示し、一度に売れなくなってしまった。さらには、砂糖、とうもろこし、綿、牛肉といった輸出の牽引役ともなっていた農産物のすべてが、同じように総崩れになっていった。  一九二0年代の後半には […]
  • 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和2020年12月24日 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和  戦前移民19万人、戦後移民6万人とか7万人と言われる。日系190万人、海外最大の日系社会である。1957年から1962年の5年間が戦後移住者のピークで、1964年の東京オリンピックを機に日本は高度経済成長期に入って移住者が激減し、新しく移住してくる人が途切れて50年。戦後青年 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第99話2020年12月24日 中島宏著『クリスト・レイ』第99話 「それとも、よほど鈍感だったのかということでしょうね。私の見るところではどうも、そのどちらにも原因があったということのようね。でもね、マルコス、そんなことよりも、私はもっと大事なことが、そこにはあったというふうに解釈したいわ」 「もっと大事なことというと?」 「つまりね、二 […]