ホーム | 日系社会ニュース | カエル・プロジェクト=〝母国〟での初ナタル=子供たち100人が笑顔=中川代表「ブラジルの雰囲気味わって」

カエル・プロジェクト=〝母国〟での初ナタル=子供たち100人が笑顔=中川代表「ブラジルの雰囲気味わって」

ニッケイ新聞 2009年12月17日付け

 〃母国〃での初ナタルに笑顔あふれ―。ISEC(教育文化連帯学会=吉岡黎明会長)で昨年創始されたカエル・プロジェクト(中川郷子代表)は「フェスタ・デ・ナタル」を12日午後、サンパウロ市アルト・デ・ピニェイロス区にある学校「ジ・カヴァルカンチ」で開催した。世界経済危機以降に帰国したデカセギ子弟ら約100人、父兄やボランティア30人が参加した。ブラジルで初めてのナタルを過ごした子供たちもおり、独特の雰囲気を楽しんでいた。吉岡会長、上原幸啓前文協会長、千坂平通JICA所長も出席した。

 同プロジェクトは昨年6月に立ち上げられ、帰国子弟の支援を目的とする。サンパウロ州立の小学校14校で心理面での教育支援をするほか、今年9月には「カエルの教室」を開講、約10人の子供たちに無料でポルトガル語の授業を行っている。
 中川代表によれば、「経済危機後の帰国子弟の増加に伴い、各地で支援の要望も急増している」と話す。
 フェスタの最初に、吉岡会長は、「皆さん、家族と共に困難を乗り越え仕事や学習に励みましょう」とあいさつした。
 「カエルの教室」の生徒のほか、同プロジェクトが活動する公立学校9校の子供たちが参加。バレエやダンス、歌、劇などを披露したほか、琉球國祭り太鼓の演奏で盛り上がった。
 ボランティアと一緒に様々な遊びに興じる子供たちに、会場からは、「ガンバレー」という声も飛び出した。
 フェスタの最後に、訪れた子供たち一人一人にプレゼントが贈られ、あちこちで子供たちの歓声が聞こえた。
 中川代表は、「ナタルは、私たちブラジル人にとって1年で一番大切な行事。ブラジル独特の雰囲気を味わってほしかった」と子供たちを見遣った。

父兄の思いそれぞれ=~支援金での帰国者も~

 「日本のクリスマスが恋しくなるんじゃないかな…」。日本に10年滞在、失職したことから、今年帰国したアルノビオ・シャビエル・マトスさんは、複雑な思いで、息子ユウジ(7)、ユウイチ君(4)を眺めた。
 二人とも日本生まれ。ブラジルでのナタルは初めてだが、他の子供たちとゲームを楽しむ姿にマトスさんの心配顔も柔らいだ。
 「今日、サンタさんは来るかな?」と目を輝かせる萩原ビアンカちゃん(7)も母国でのナタルは初めて。
 今年9月、母タミレスさん(25、三世)、弟ダニーロ君(6)と帰国支援金を適用して帰国した。
 長野県の公立小学校に入学したが、「1年半続いたいじめに耐えられなかった」。
 現在は公立学校の2年生。「今の学校では友達とは仲良くやっています」と話すタミレスさんの笑顔をよそに、「パパイはまだ日本にいるの」とビアンカちゃんの表情が曇った。
 「群馬県の車の部品工場での仕事を失った」という浅田マサキさん(46、二世)と一緒に今年8月に帰伯したのは、双子の娘ゆりえさん(15)とゆみさん(同)。
 「母と3人の兄弟がまだ日本にいるので家族バラバラ。寂しいけど、10年ぶりのナタルは懐かしい」。現在、「カエルの教室」でポ語を勉強中だ。
 自身は帰国支援金を適用したというマサキさんだが、「いつか日本で勉強したいと願う子供たちの分は、そうしなかった」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • NHK『逆転人生』で3日=「長葱王」斉藤さんが主人公2020年2月1日 NHK『逆転人生』で3日=「長葱王」斉藤さんが主人公  ブラジル時間2月3日(月)午前10時からNHK国際放送の人気番組『逆転人生』で、長葱の名産地で知られる埼玉県深谷市で、日本国内最大級の長葱農家を経営する「長葱王(Rei da […]
  • 安永忠邦さんが白寿祝い=全伯から一族232人が参集=「ブラジルに生まれて良かった」2020年1月10日 安永忠邦さんが白寿祝い=全伯から一族232人が参集=「ブラジルに生まれて良かった」  “移民の父”上塚周平の晩年を知る安永忠邦さん(98、二世)の白寿の誕生日会が4日午前11時半から、忠邦さん宅で開催された。サンパウロ州プロミッソン市の上塚植民地の自宅農園で生まれ育ち、今もそこに住む。北はアマゾナス州マナウス、南はパラナ州マリンガなど全伯から集った親族 […]
  • 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列2020年1月4日 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列  「お雑煮が美味しかった。デカセギに行っていた頃のお正月を思い出したよ」―今年初めて餅つき祭りに来場したという目黒三男さん(80、二世)は、そう言いながら久々の日本の味に舌鼓をうった。  大晦日恒例、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の […]
  • ■ひとマチ点描■「無事に120周年終え、ホッとした」2019年12月24日 ■ひとマチ点描■「無事に120周年終え、ホッとした」  「眞子内親王にご訪問頂き、無事に移住120周年を祝えてホッとしている」――ペルー日系人協会(APJ)の福元アベル会長(72、二世)がブラジルの日系団体との交流のために今月上旬に来聖してブラジル日本文化福祉協会や日本移民史料館、サンタクルス病院などを視察、9日に文協の忘 […]