ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年4月26日付け

 本来今は、文協理事会選挙などに浮かれているべき時期ではない。四月中には百周年記念事業の正式な見直し予算を総領事館に提出せねばならない。肝心の百周年事業や、JICAの日系社会支援縮小をさしおいて、目先の権力闘争に熱中し分裂騒ぎをしていて良い時なのだろうか。
     ◎
 文協会長選第三の男、小川彰夫氏が自らの候補者とともに、記者会見を行った。今回の投票は会員の直接選挙ではなく、投票するのは百六人の評議員。効果そのものより、候補者の意思統一をアピールした点にあるのだろう。評議員選挙では、〃玉虫色の支援者〃を指摘されてきただけに名誉挽回といったところか。評議員に対する各派マニフェストのアピールは選挙当日に行われるのみだ。
     ◎
 新任駐日ボリビア大使のマサカツ・ハイメ・アシミネ・オオシロ氏が二十五日、皇居で信任状を捧呈した。これにより、中南米からの日系人大使は、パラグアイの田岡功大使、ベネズエラのセイコウ・イシカワ大使に続き三人目。沖縄タイムスによれば、ボリビアではまた、一九七〇年代の軍政時に戦前移民の子弟であるアルマンド・ヨシダ大使が就任しているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ベネズエラの議会がグアイド議長を大統領に=ブラジル含む16カ国が承認=マドゥーロ側は徹底抗戦へ=30日以内に選挙可能か?2019年1月25日 ベネズエラの議会がグアイド議長を大統領に=ブラジル含む16カ国が承認=マドゥーロ側は徹底抗戦へ=30日以内に選挙可能か?  ベネズエラでマドゥーロ政権に反対する国民の抗議デモが吹き荒れた23日午後、国民議会のフアン・グアイド議長が、群集の見守る街頭で、暫定大統領であることを宣言した。グアイド議長の暫定大統領就任は、24日午後3時までにブラジルを含む16カ国が公的に認めており、国が二分した状 […]
  • ベネズエラ新政権=米国、EU、OASも非承認=国交断絶を宣言する国も2019年1月12日 ベネズエラ新政権=米国、EU、OASも非承認=国交断絶を宣言する国も  【既報関連】ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領が2期目の就任式を10日に決行した事を受け、米国や欧州連合(EU)、米州機構(OEA)などが新政権を認めないと改めて宣言。選挙のやり直しなどを求めたと10、11日付伯字紙、サイトが報じた。  本来、就任式は議会で行う […]
  • 東西南北2018年12月11日 東西南北  あと2週間ほどでクリスマスになるが、9日付アゴラ紙によると、今年の子ども向けのプレゼントとして、武器のおもちゃが流行しているという。主な要因としては、子どもたちの間で「アベンジャーズ」などのスーパーヒーロー映画が影響力を持っていることが大きいが、奇しくも、今年は「銃自由化」を […]
  • 《ブラジル》報道の自由度ランキング102位=「メディアが一部勢力に牛耳られている」と批判2018年5月8日 《ブラジル》報道の自由度ランキング102位=「メディアが一部勢力に牛耳られている」と批判  脅迫やデモ取材中の暴行、記者の殺人などの行為は、未だにブラジルの報道機関やジャーナリストたちが直面している、現実的な問題だ。  「国境なき記者団」(RSF)が4月25日に発表した、2018年の世界各国の報道自由度ランキングによると、ブラジルは180カ国中102位だった。 […]
  • 17年の観光客は五輪年以上=南米からの客62%占める2018年3月28日 17年の観光客は五輪年以上=南米からの客62%占める  連邦警察のデータによると、2017年にブラジルを訪れた観光客は658万8770人に及び、W杯があった2014年の642万9852人や、五輪年の2016年(654万6696人)を上回った。 […]