ホーム | 日系社会ニュース | 七夕前に「ミスゆかた」=コンクール出場者を募集中=宮城県人会

七夕前に「ミスゆかた」=コンクール出場者を募集中=宮城県人会

2007年5月4日付け

 第二十九回サンパウロ仙台七夕祭りが七月六、七、八日にリベルダーデで行われるのに先立ち、六月三十日、その一環として「第一回七夕ゆかた祭り」が宮城県人会館で開かれる。同会で現在、祭りで実施する「ミスゆかたコンクール」予選への出場者を募集している。
 リベルダーデの冬の風物詩、七夕祭り。真夏に行なわれる仙台とは反対に、サンパウロでは冬の開催となる。が、まつりと言えば、ゆかたと甚平。着物よりも庶民的で、その伝統的な美しさを日系コロニアだけでなく、ブラジル人たちに知ってもらいたいと同祭りが企画された。
 祭りは午後三時から。ブラジル宮城県人会が主催、サンパウロ新聞、ジョルナル・ニッポ・ブラジル、ニッケイ新聞が協賛する。
 当日は浴衣と甚平の歌と踊りのショーが行なわれるほか、「ミスゆかた2007」コンクールの予選を実施する。現在同会で出場を呼びかけている。
 応募要件は、十六歳以上の女性で、団体、企業等の推薦を受けた人。(候補者は一名限定)。カラー写真(一〇×一五cm)二枚(上半身、全身各一枚)、履歴書、自己紹介の文章など必要書類を記入の上、申し込み金百レアルをそえて実行委員会まで提出する。
 企画の丹治知佐子さんは「日本のいいものを伝えたい。その日はゆかたを着て、日系人だけでなく、非日系のブラジル人にも参加していただきたい」と呼びかけた。
 宛て先は次の通り=ブラジル宮城県人会「ミスゆかた2007」Rua Fagundes,152,CEP 01508-030,Liberdade,Sao Paulo。
 締切は六月八日。書類選考合格者には六月十四日までに通知される。
 問い合わせは宮城県人会(電話11・3209・3265、メール・festival@tanabata.com.br)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]