ホーム | 日系社会ニュース | 会館利用、フル回転=カンピーナス文協=〃部活〃歓迎、高齢会員

会館利用、フル回転=カンピーナス文協=〃部活〃歓迎、高齢会員

2007年5月8日付け

 【カンピーナス】カンピーナス日伯文化協会(花田忠義会長)は、いま、活動が活発で、建て増しした新館と体育館が常時、フル回転しているような状態である。日本の学校とおなじように〃部活〃とよばれる各種教室や催しを歓迎している高齢の一世会員も多く、「会館に行く楽しみが増えて嬉しい」といっている。「二世の花田会長は凄腕だ」と大方の評価が定まったようだ。
 協会本部会館は、戦前移民が中心となって、心血をそそいで建てた。多目的会館でそれなりの役割を果たしてきたが、今日の需要に対しては足りず、建て増しされ、今日では十室ある教室も不足するほど。
 花田会長は、自身が日本文化に関心と興味を示し、現在ブラジル国内で話題にのぼる種目のほとんどが、教室に取り入れられている。会館を使用するプログラムは週日、週末ともいっぱいで空きがないといっていい。
 四月第一週の週末には、青年会主催で日本のアニメマンガ主体のマンガ大会が行われた。千五百人の若者たちで会場はごったがえした。つづいて聖北カラオケ大会と毎月恒例のフェイラ・オリエンタル(日本祭り)。すごい人出だった。
 特筆されるのは、イベントを開催して、文協の運営資金を調達すること。まさに一石二鳥である。(樋口四郎さん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、サンパウロ市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさか […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]