ホーム | 日系社会ニュース | 法的にはACAL有利か=二宮弁護士=「話し合いで解決を」

法的にはACAL有利か=二宮弁護士=「話し合いで解決を」

2007年5月9日付け

 「Sendai Tanabata Matsuri」のINPIへの商標登録については、〇一年十月十四日付けで登録されている。(ただし、登録の名称は「Sendai」ではなく「Senday」となっている)
 「Sendai(y) Tanabata――」の商標登録について、弁護士の二宮正人氏は、『仙台』という地名の登録は絶対できないが、『七夕』は対象になったのかもしれないと述べた上で、「登録の時点で異議申し立てをする必要があったが、登録済みの今となっては難しい。法律的に見ればACAL側が有利。仮に裁判はできても、長期になるでしょう」との見方を示す。
 その一方で、ACALの商標登録を「『七夕』の名前をどこの誰か分からない人に使わせない、という意味ではいいが、今回のように(通告書という形で)使うつもりがあったかどうか分からない。使うつもりはなかったと信じたいが」としながらも、三十年近い協力関係がこうした問題に発展したことについては「できれば避けるべきだった」と語り、「双方の話し合いで解決することが日系社会の願いではないか」と両者歩み寄りに期待を表した。
    ▽  ▽
 商標の不当使用に関する法廷への申し立ての可能性について、池崎会長は「全く考えていない」と発言。通告書の中に『あらゆる必要な説明をする準備がある』という一文があることを強調し、あくまで話し合いによる解決を目指す姿勢を見せている。
 しかし現時点では話し合いの予定はないという。本紙の取材に「(七夕は)市とやっていること」と話す中沢氏と、「両者が協力してやってきたから三十年近くリベルダーデで続いてきたのではないか」と主張するACAL。両者の溝は深い。
 中沢会長は現在旅行でサンパウロを離れている。近日中に訪日を予定していることもあり、離伯までに関係者の話し合いが実現するかは不透明な状況だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も2021年4月15日 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も  貧困層が主に就業する掃除婦をしながら、娘の学費を稼いで大学を卒業させた母への感謝の気持ちから、母がいつも使っているユニフォームを着て大学卒業式に出席した女子学生が話題になり、大学から奨学金を受け取って大学院に進む事になった。  「ベッカ」と呼ばれる卒業式用の衣装を着 […]
  • 《サンパウロ州》60〜64歳の接種日程発表=5月6日までに次々と2021年4月15日 《サンパウロ州》60〜64歳の接種日程発表=5月6日までに次々と  サンパウロ州は14日、コロナワクチンの新たな接種対象の発表を行い、60歳から64歳までの人への接種を、4月の下旬から5月の上旬にかけてはじめる意向であることを表明した。14日付現地サイトが報じている。  州政府の発表によると、4月29日からは63歳と64歳の接種がは […]
  • 《ブラジル》2度目の接種も忘れずに=有資格者150万人現れず2021年4月15日 《ブラジル》2度目の接種も忘れずに=有資格者150万人現れず  保健省が13日、新型コロナワクチンの2度目の接種を受けていない人が150万人余りいるとして、州別の未接種者数リストを発表したと13日付現地サイトが報じた。  1度目の接種を受けた人は、次回の接種日を指定したカードを受け取る。だがその日になっても接種を受けに来ない人が […]
  • 東西南北2021年4月15日 東西南北  コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ […]
  • 特別寄稿=これで解決! 夫婦別姓問題=たまにはブラジル方式採用を=サンパウロ市 	駒形 秀雄2021年4月15日 特別寄稿=これで解決! 夫婦別姓問題=たまにはブラジル方式採用を=サンパウロ市  駒形 秀雄  日本では夫婦別姓の議論が盛んなようです。  与党の自民党では、このための法規改正を目指した特別部会を設けて近く会合が持たれるとの事です。  夫婦別姓とは、夫と妻がそれぞれ別の姓(苗字)を名乗れるようにしよう、という動きです。  日本の法律では男と女が結婚した場合 […]