ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年5月9日付け

 八十歳になっても「知りたい」という意欲に満ちている西岡吾一さん(サンパウロ市モオカ区)。写真店経営だった腕を生かして、ここ数年、植物園やオルト・フロレスタルで花、蝶、虫、きのこなどを撮り続けてきた。合わせて二百五十点、きのこだけで百三十点ほどになる。A4版大に焼き付けした作品を本綴じ状にし「広くこどもたちに見せたい」と言う▼すでに松柏大志万学院やたんぽぽ幼稚園に持参し、見せた。しかし、写真が美しい、興味深い、だけでは物足りない。どんなきのこか、名などをみずから知り、説明や注釈をつけられたらいい、と欲が出てきた▼周囲の知っていそうな人に訊ねたが、要領を得ない。百三十種ほどのきのこには、当然有毒のものもあるはずで、それを知りたい、ということだ。「オブラ・デ・デウス」(神の仕業)といわれるほど、きのこには自然が巧まず、すばらしい形と色を与えている▼西岡さんは余暇の活動で、人間社会の〃みにくさ〃を体験させられてきた。五八年から約三十年続けてきた写真店を閉めた理由は強盗が押し入るからである。植物園の蝶や虫の種類は、写真を撮り始めてから、そんなに年月が経っていないにもかかわらず、ぐんと減ったそうだ。環境汚染のせいか。蝶が減ったので、きのこを中心にしたのだ▼今、きのこにはまって、食用になる野生のものを人工的に増やすにはどうしたらいいのか、まで興味がある。知っている人は電話6601・0734につなぎ、教えてあげて下さい。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年9月25日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年9月25日付け  最近、書道が人気らしい。「日本語学校だよ。学校で書道を習う人が増えてるんだよ」。書道振興会の若松如空会長は驚いたように話す。 […]
  • 日教寺慈善バザー=婦人会自慢の料理も評判=9日2011年10月1日 日教寺慈善バザー=婦人会自慢の料理も評判=9日 ニッケイ新聞 2011年10月1日付け  本門仏立宗日教寺(コレイア教伯教区長)は、『第46回慈善バザー』を9日午前9時半から、同寺(Rua Ibaragui Nissui, 166, Vila Mariana)で開く。入場無料。 […]
  • 盆栽「オクダ」展示会と講習会2004年12月1日 盆栽「オクダ」展示会と講習会 12月1日(水) […]
  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月15日  USPでの東大フォーラムとは別に12日、東京大学以外に秋田大、京都大、大阪大、広島大、鹿児島大、芝浦工科大の計7大学が参加し、日本留学を希望する学生や日本の大学・研究機関との研究交流に関心をもつ研究者等を対象に、日本留学や国際研究助成等に […]
  • 「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第11回>=なぜ日本は難民を受け入れないか2020年8月20日 「でも、ブラジルは良い国です!!!」=サンパウロ難民移民座談会=大浦智子=<第11回>=なぜ日本は難民を受け入れないか ――様々な国から来た年配の一世移民やブラジル人は、難民は自分たちが受けたことのない援助を受けて生きていると思っている場合もあります。その様な理由で、あまり難民が共感を得られない可能性があるという認識はありますか?  実際に、難民はどこかの組織から援助を受けていますか? […]