ホーム | コラム | 樹海 | 食後の血糖値は大丈夫?

食後の血糖値は大丈夫?

 14日が「世界糖尿病デー」だったせいか、このところ、「血糖値スパイク」という言葉を頻繁に聞く。空腹時の血糖値が正常なため、健康診断では「正常」といわれるが、食後短時間に血糖値が急上昇した後、急速に正常値に戻るため、発見されにくい病気だ▼血糖値スパイクは通常の環境では発見しづらく、放置して動脈硬化が進めば、脳梗塞や心筋梗塞、癌、認知症などのもとともなる。罹患者は40~50代が多いが、血糖値スパイクを繰り返す内に血管が細くなり、20代で心筋梗塞を起こす例もあるから、若い人も安心できない▼食後1時間経った時の血糖値が140を超える場合は血糖値スパイクを起こしている可能性が高く、人によっては200を超える例もあるというから驚く。食後間もなく、急に集中力が低下したり、強い眠気や空腹を感じたりするのも血糖値スパイクの症状の一つかもしれないという▼血糖値スパイクは糖尿病の前段階とかではなく、病気そのもので、実験参加者20人中9人が血糖値スパイクを起こしていたとか。将来的に糖尿病や動脈硬化、循環器疾患を起こす可能性があると聞けば、戦々恐々となる人も少なくはないだろう▼だが、野菜から先に食べて食物繊維で腸壁をコーティングした後にタンパク質や脂質を含む肉や魚を食べ、ご飯やパンは最後にするというように食べる順番に留意すると血糖値変動は小さい。よく噛んでゆっくり食べる、3食きちんと食べる、食後は全身を軽く動かす、水溶性の食物繊維を摂って腸内細菌を活性化させてやるなどの工夫でも、血糖値スパイクや糖尿病への移行が予防できるという。毎日の心がけで我が身を守ろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]
  • 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?2019年6月13日 公共交通機関のある環境保護区の指定解除?  アマゾン基金の用途変更や環境関連の国際会議の開催拒否、銃規制緩和など、時代に逆行する政策が目立つボウソナロ政権でまた、物議を醸しそうな話が浮上した▼インフラ省が環境省に高速道や鉄道、港、空港がある環境保護区の指定基準見直しを求め、60を超える保護区が指定解除となりそうだという […]
  • 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長2019年6月11日 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長  4月に県連故郷巡り一行はカリフォルニア州のコルマ日本人墓地で、咸臨丸の水夫3人の墓を見学した。その際、連載記事で《咸臨丸は1860年2月10日にサンフランシスコに到着した。38日間で8573キロを渡る大航海であり、日本人最初の太平洋横断だった》と書いたが、大変な間違い […]
  • いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール2019年6月7日 いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール  5月末から勃発した「強姦疑惑騒動」から5日までドタバタした結果、ネイマールは「故障」という形でコパ・アメリカの出場を断念することになった▼5日夜にはネイマールを訴えた女性、ナジーラさんが実名と顔を公表してSTB局のニュースにも生出演し、彼女の信憑性を巡って世の評価は二 […]