ホーム | コラム | 樹海 | 食後の血糖値は大丈夫?

食後の血糖値は大丈夫?

 14日が「世界糖尿病デー」だったせいか、このところ、「血糖値スパイク」という言葉を頻繁に聞く。空腹時の血糖値が正常なため、健康診断では「正常」といわれるが、食後短時間に血糖値が急上昇した後、急速に正常値に戻るため、発見されにくい病気だ▼血糖値スパイクは通常の環境では発見しづらく、放置して動脈硬化が進めば、脳梗塞や心筋梗塞、癌、認知症などのもとともなる。罹患者は40~50代が多いが、血糖値スパイクを繰り返す内に血管が細くなり、20代で心筋梗塞を起こす例もあるから、若い人も安心できない▼食後1時間経った時の血糖値が140を超える場合は血糖値スパイクを起こしている可能性が高く、人によっては200を超える例もあるというから驚く。食後間もなく、急に集中力が低下したり、強い眠気や空腹を感じたりするのも血糖値スパイクの症状の一つかもしれないという▼血糖値スパイクは糖尿病の前段階とかではなく、病気そのもので、実験参加者20人中9人が血糖値スパイクを起こしていたとか。将来的に糖尿病や動脈硬化、循環器疾患を起こす可能性があると聞けば、戦々恐々となる人も少なくはないだろう▼だが、野菜から先に食べて食物繊維で腸壁をコーティングした後にタンパク質や脂質を含む肉や魚を食べ、ご飯やパンは最後にするというように食べる順番に留意すると血糖値変動は小さい。よく噛んでゆっくり食べる、3食きちんと食べる、食後は全身を軽く動かす、水溶性の食物繊維を摂って腸内細菌を活性化させてやるなどの工夫でも、血糖値スパイクや糖尿病への移行が予防できるという。毎日の心がけで我が身を守ろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「マリエーレ事件の謎と奇遇」の今後の展開は?2019年3月15日 「マリエーレ事件の謎と奇遇」の今後の展開は?  12日、事件発生1年を直前にしたタイミングで、リオ市会議員マリエーレ・フランコ氏の殺害実行犯が逮捕された。だが、「これで解決」ではなく、むしろ、これからの展開が注目だ▼思えば殺人事件に関して、マリエーレ氏殺害後の伯国内での反応ほど奇妙なものを見たことは、コラム子の人生 […]
  • 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?2019年3月12日 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?  47都道府県人会はいつまで揃っているのか――ブラジル日本都道府県人会連合会の役員会の呼びかけで2月23日に行われた「京都会の昼食会」を取材しながら、そう考え込んだ。  その時、鹿児島県人会の上園モニカみちえ会長は「ブラジルは世界で唯一47都道府県すべての会が揃ってい […]
  • カーニバルで踏んだり蹴ったりのボウソナロ2019年3月8日 カーニバルで踏んだり蹴ったりのボウソナロ  伯国におけるカーニバルのデスフィーレ(パレード)は、伝統的に社会風刺の場でもある▼これはカーニバルというものの成り立ち上、どうしてもそうなってしまうものだ。元々、カーニバルは黒人起源の祭り。社会的弱者でもある、彼らの見方が優先されるのは自然な流れだ。また一方、デスフィ […]
  • 惨事や人ごみを悪用する輩達2019年3月7日 惨事や人ごみを悪用する輩達  サンパウロ市やリオ市でのスペシャルグループのサンバパレードは終わっても、ブロッコと呼ばれる集団による路上でのパレードはまだまだ続く▼「灰の水曜日」の6日にサルバドールで「アラスタン」と聞いた時、一瞬、根こそぎ強盗発生かと思ってしまったのは、ブロッコに参加した人達が軒並 […]