ホーム | コラム | 樹海 | 食後の血糖値は大丈夫?

食後の血糖値は大丈夫?

 14日が「世界糖尿病デー」だったせいか、このところ、「血糖値スパイク」という言葉を頻繁に聞く。空腹時の血糖値が正常なため、健康診断では「正常」といわれるが、食後短時間に血糖値が急上昇した後、急速に正常値に戻るため、発見されにくい病気だ▼血糖値スパイクは通常の環境では発見しづらく、放置して動脈硬化が進めば、脳梗塞や心筋梗塞、癌、認知症などのもとともなる。罹患者は40~50代が多いが、血糖値スパイクを繰り返す内に血管が細くなり、20代で心筋梗塞を起こす例もあるから、若い人も安心できない▼食後1時間経った時の血糖値が140を超える場合は血糖値スパイクを起こしている可能性が高く、人によっては200を超える例もあるというから驚く。食後間もなく、急に集中力が低下したり、強い眠気や空腹を感じたりするのも血糖値スパイクの症状の一つかもしれないという▼血糖値スパイクは糖尿病の前段階とかではなく、病気そのもので、実験参加者20人中9人が血糖値スパイクを起こしていたとか。将来的に糖尿病や動脈硬化、循環器疾患を起こす可能性があると聞けば、戦々恐々となる人も少なくはないだろう▼だが、野菜から先に食べて食物繊維で腸壁をコーティングした後にタンパク質や脂質を含む肉や魚を食べ、ご飯やパンは最後にするというように食べる順番に留意すると血糖値変動は小さい。よく噛んでゆっくり食べる、3食きちんと食べる、食後は全身を軽く動かす、水溶性の食物繊維を摂って腸内細菌を活性化させてやるなどの工夫でも、血糖値スパイクや糖尿病への移行が予防できるという。毎日の心がけで我が身を守ろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 夫とは好対照な夫人のイメージ2019年1月11日 夫とは好対照な夫人のイメージ  元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行な […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  伯国で、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」は伯人だ▼昨 […]
  • テメル大統領、おつかれさま2018年12月28日 テメル大統領、おつかれさま  今年もあと、もう数日で終わるが、それと同時にテメル政権も終了する。ただ、そのことに着目している人は、もう既にメディアでもかなり少ない▼思えば、この政権ほど地味で不人気な政権もなかった。元々が副大統領で、ジウマ政権崩壊の危機のタイミングで寝返り。法的な違法性こそないもの […]