ホーム | コラム | 樹海 | 女性判事のネット発言を法務審議会が調査

女性判事のネット発言を法務審議会が調査

 14日に起きた、リオ市議のマリエーレ・フランコ氏殺害事件後にデマを流したリオ州地裁の女性判事に対し、国家法務審議会が事実関係の調査を始める▼治安部門への直接統治開始直後に、市議1期目だが、人種差別や性差別、警官の暴力などの摘発その他で活躍していたマリエーレ氏が殺された。この事件は世界中の人権団体の注目を集め、国連も厳密な捜査を要求した。だが、国連などが要求した捜査はマリエーレ氏の〃第1の死〃に関するものだ▼他方、問題の判事は「故市議は『人権運動の闘士だ』というが、彼女は麻薬組織関係者で、同州最大の犯罪組織コマンド・ヴェルメーリョの支援で当選したのに、約束を果たさなかったから消された」と中傷した。これは死者を鞭打つデマの一つで、故市議の遺族や支援者は証拠を挙げ、これらのデマを逐一否定している。遺族らにとって、このような中傷は〃第2の死〃に他ならない▼法務審議会は、件の判事が何の証拠もないデマをネット上に流した事を重く見、その他のネット情報についても調査するという。同判事が流した心無い発言の中には、「ブラジルはダウン症の人が教師になった初めての国だという報道を耳にした。社会統合という面では大いに賞賛するが、ダウン症の教師に一体何が教えられるのか」というものもあった。これに対しては、その教師本人が「皆が教養を持つべき事や他者を尊敬する事、一人一人が違う事など、多くの事を教えている。差別は犯罪だ」と反論して、多くの人の共感を呼んだ。被害者らの心情を汲みつつ、公正な判決を下すべき判事が偏った見方をする現実。この判事がどんな判決を下してきたのか、知るのが恐くなる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 多文化共生シンポ=群馬県立女子大学主催へ2004年2月17日 多文化共生シンポ=群馬県立女子大学主催へ 2月17日(火)  群馬県立女子大学では三月二十日午後から、群馬県在住ブラジル人児童生徒の教育環境確立を目指したシンポジウムを、「こどもの未来と自己実現のために!」というテーマを掲げて開催する。 […]
  • 2008年11月22日 第1回=子供を階段から蹴落とす=貧乏旅行でのぞいた現実 ニッケイ新聞 2008年11月22日付け  彼ほど庶民階級のブラジル人に親身になって尽くしてきた人は少ない。定森徹さん(40、千葉県出身)は移民ではない。だが、大学卒業以来、十七年をブラジルで過ごしている変り種だ。サンパウロ市ではモンチ・アズールのファベーラ、セアラ州、そ […]
  • 公害で幼児300万人死亡=深刻な大気、食物の汚染2004年7月2日 公害で幼児300万人死亡=深刻な大気、食物の汚染 7月2日(金) […]
  • リオ州=警官の殺害増すと犯罪減るは嘘=知事の主張とは反対の動き2019年10月1日 リオ州=警官の殺害増すと犯罪減るは嘘=知事の主張とは反対の動き  リオ州治安研究所(ISP)が03~19年のデータを分析した結果、殺人や強奪といった犯罪の減少と警官による殺害増加は相関関係にはないとの見解を発表したと9月30日付現地紙が報じた。  同州で警官に殺された人の数は、13年の416人以降、右肩上がりに増えており、今年も1~8月で […]
  • 28日の討論会の様子。フィデリックス氏は左端2014年9月30日 大統領選討論会で同性愛差別=泡沫候補がテレビで暴言連発  9月28日に行なわれたテレビでの大統領選候補たちによる公開討論会で、候補者のひとりが公然と同性愛差別の発言を展開し、物議を醸している。 問題発言を行なったのはレヴィ・フィデリックス氏(ブラジル労働者革新党・PRTB)で、その発言は、同じく大統領候補のルシアナ・ジェンロ氏( […]