ホーム | コラム | 樹海 | カンポスの死と決選投票

カンポスの死と決選投票

 「これで決選投票が決まった」―13日晩、エドゥアルド・カンポス大統領候補の事故死を報じるニュースに出た識者の数人が、そうコメントした。そこにはマリナ・シウヴァが代わりの候補になるという前提があるようだ▼マリナは4年前の大統領選で、「一次投票でほぼ当確」と言われていたジウマを決選投票に追い込んだ張本人だ。10年9月初めのIBOPE調査でジウマは51%、ジョゼ・セーラは27%、マリナはわずか8%だった。それが10月頭の投票直前、マリナは16%という奇跡的な支持率上昇を果たし、ジウマを苦しめた▼前回選挙の結果、マリナはなんと19%も得票。奇跡的な支持率急上昇は、元々カリスマ性の高かった彼女を更に神秘的候補として印象付けた。そんなマリナが、若きカンポスの劇的な事故死が残した強い印象を引き継いで大統領候補に昇格すれば、さらにその存在が引き立ち、大得票を集める可能性がある。選挙の筋書きはガラリと変わった▼カンポスの訃報でサンパウロ市証券市場は1・5%下落に見舞われた。環境保全を強く主張するマリナは〃産業開発の敵〃という印象が強いからだろうか▼マリナが副大統領候補になったのは、自党立ち上げが遅れて知名度が劣るカンポスと組むしか出馬の選択肢がなかったからだ。誰もが想像しなかったカンポス死去でマリナが再び候補になる可能性があるとは、なんと劇的な展開か。訃報を聞いたジウマは4年前の決選投票の悪夢を思い出しただろう▼死後10日以内にカンポスの代理が発表される。でも19日に政見放送が始まるから、それ以前に前倒し発表―との予測もある。今週末が駆け引きの山場だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 海外唯一の靖国講があるブラジル2018年9月4日 海外唯一の靖国講があるブラジル  ブラジル・サンパウロ靖国講の慰霊祭で15歳の西国山口文香さん(二世)が、英霊に「皆さん痛かったでしょう。苦しかったでしょう。ごめんね。(中略)私達は一生懸命に勉強して、世界を平和にするために努力します」と語りかけ、移民の先達にも「「皆さまは、いつどんな時でも、胸に日の […]
  • ポップカルチャー系が充実したミナス日本祭り2015年3月5日 ポップカルチャー系が充実したミナス日本祭り  先週末にあったミナス日本祭り。取材には出向かなかったが、プログラムを見ると、アニメケ(主題歌のカラオケ)、コスプレ大会、J―ポップダンスと、ポップカルチャー系が中々充実していた。公式サイトに掲載された写真の比率を見ても、半数程度が非日系のコスプレ姿で埋めつくされていて、同 […]
  • マララ基金が支援する三つの教育事業とは2018年7月12日 マララ基金が支援する三つの教育事業とは  2014年にノーベル平和賞を受賞した人権運動家のマララ・ユスフザイ氏(21)が、三つの教育事業を支援するためにブラジルを訪問中だ。彼女が代表の「マララ基金」が支援するのは、サンパウロ市の「教育活動」とバイア州サルバドール市の「先住民活動全国協会」、ペルナンブコ州レシフ […]
  • 決選投票におけるマリナの役割2014年10月8日 決選投票におけるマリナの役割  今選挙の特徴は〃逆転〃だ。序盤でのカンポス候補の死でマリナが突然出馬して支持率33%の急上昇を記録し、ジウマ(37%)に肉薄した時には驚愕が広がった。でも後半にアエシオが逆転し、決選投票に割り込む力技を見せた▼PTとPSDB両側から老練な攻撃が繰り返される中で、マリナは的 […]
  • 樹海2014年10月28日 樹海  今年の大統領選挙は、1989年開始の大統領直接選挙(同年はコーロル氏とルーラ氏の決選投票でコーロル氏が当選)以来の僅差の選挙だった▼89年選挙には23組が出馬。ルーラ氏に隠し子がいた事が判明したりして、有効票の53%を得たコーロル氏が当選した。その後の選挙ではカルドーゾ氏 […]