ホーム | コラム | 樹海 | 再選に前途多難なボルソナロ

再選に前途多難なボルソナロ

24日のボルソナロ大統領(Marcelo Camargo)

24日のボルソナロ大統領(Marcelo Camargo)

 次の大統領選まで、まだ1年半近くあるが、現状でボルソナロ大統領の状況は日に日にかなりきつい状況になっていると言わざるをえないだろう。
 その一番の理由はなんと言ってもコロナ禍での死者激増だ。その数はついに30万人を突破した。さすがにこの数字は、妄信的な支持者がいくら擁護しようが、冷静に受け止められる人が激減しても仕方がない。その数や世界第2位。かなりわかりやすい数字だ。
 1位の米国の55万人を抜くことはないと信じたいが、ここ数日はそんな米国よりもブラジルの方が1千〜2千人も、1日あたりの死者数が多い。アメリカでの現状の死者数減少傾向から考えて、その差もだいぶ縮まることが予想される。
 二つ目にはルーラ元大統領の大統領選出馬の可能性浮上。8日にラヴァ・ジャット裁判での有罪を無効にされて以来、ルーラ氏待望論が俄然活気付いている。世論調査を見ると「出馬は反対派が上回る」などの報道もされているが、実刑判決を受けた当時ほどの強い反発は感じられない。
 むしろ「反ボルソナロ派にとっての希望の候補」としての期待感の方が、反ルーラ派の慎重なマスコミ論調を上回っている感じさえする。すでに出ている大統領選シミュレーションでもルーラ氏は互角以上。最高裁が出馬を無効にしない限り、期待感は上がっていきそうだ。
 三つ目には、「トランプ氏の不在」。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》年内は借家人の追放なし=上院が新たな法案を承認2021年6月25日 《ブラジル》年内は借家人の追放なし=上院が新たな法案を承認  新型コロナのパンデミックで失業者や所得が減った家庭が増えているが、パンデミックによって困窮している人達を守るため、上院が23日、家賃滞納が起きても借家人(借主)が追放されるのを防ぐための法案を承認したと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  同法案の救済対象は […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》ミランダ下議「金曜に国は真実を知る」=コバクシン疑惑をCPIで=大統領関与の証拠を証言へ=政府逆ギレ、捜査命ずる2021年6月25日 《ブラジル》ミランダ下議「金曜に国は真実を知る」=コバクシン疑惑をCPIで=大統領関与の証拠を証言へ=政府逆ギレ、捜査命ずる  【既報関連】22日付エスタード紙の報道で噴出したインド製コロナワクチン「コバクシン」に対する保健省の過払い疑惑に関し、「私はボルソナロ大統領に直接警告した」との主張を行ったルイス・ミランダ下議(DEM)に対し、ボルソナロ大統領とオニキス・ロレンゾーニ官房長官は23日、 […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]