ホーム | 日系社会ニュース | マンガ講習や武道実演も=日本館=盛況だった「子供の日」

マンガ講習や武道実演も=日本館=盛況だった「子供の日」

2007年5月10日付け

 ブラジル日本文化福祉協会、インスティツット・パウロ・コバヤシ、伯日青年会議所主催による「子供の日」のイベントが五、六両日、イビラプエラ公園の日本館で行われた。
 日本政府の文化無償により一新した展示室には在サンパウロ日本国総領事館と文協の所蔵品が並んだ。この中には金閣寺や清水寺、姫路城などの日本の有名な建築物のミニチュアのほかに五月人形や鎧、兜、お御輿などもあった。
 体験作業の一つでは、子供たちが漫画の絵の書き方を教わり上手に書けるように練習していた。会場ではまた、和太鼓や剣術(居合術、杖術、剣道など)の鑑賞会も実施され、真剣を用いての居合抜きや立ち回りなどが披露されると、会場中に驚きと歓声の声が響き渡った。
 会場には、非日系の来場者も多く見られ、日本の文化や習慣への関心の高さを感じさせた。
 同イベントを訪れていた大橋重夫さん(71、サンパウロ市)は「今日は子供の日だから孫と一緒に遊びに来た。何回も来ているが今回鯉が多くなっていることに驚いたし、展示室のお御輿が印象的だった」と楽しそうに話していた。
 三日夜に行われた「子供の日」のプレイベントには上原幸啓文協会長、野末雅彦JICAサンパウロ支所次長、関根隆範全伯講道館柔道有段者会常任理事長ら日系社会関係者約八十人のほか、ウィリアム・ウー連邦下議も出席。日本館の歴史をまとめた本のランサメントも行なわれた。
 上原会長はあいさつで「文協と総領事館の協力で展示室を新しくすることができたことに感謝し、この(日本館の)本ができたことを嬉しく思う。今日のこの会は来場者の皆さん、会を支えてくれているスタッフの皆さんのおかげで成り立っています」とこの日を待ち望んでいたような顔で述べた。
 今回のイベントを指揮していた伯日青年会議所インターナショナル副会長のロベルト・セキヤさんは「文協と総領事館が貸してくれた所蔵品の扱い方を学び、文化についても学ぶことができた。日系との繋がりは必要なことであり、これからも日本文化の紹介を続けて行きたい」と満足した様子を見せる。その一方で「展示物の文化的意味はまだよく分っていませんが」と照れながら付け加えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 2017年4月18日 《ブラジル》継承日本語の生き残り策とは  サンパウロ州の聖南西地区の日本語教育は全伯で一番勢いがあると思っていたので、8日の「日本語学校運営改革を進める会」を取材してショックを受けた。あの聖南西ですら26年間で生徒が17%まで激減したのであれば、他の地区はさぞや厳しいだろう―と背筋が寒くなった▼ただし、疑問もわい […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • ■訃報■「太陽堂」創業者 藤田芳郎さん2014年6月5日 ■訃報■「太陽堂」創業者 藤田芳郎さん  リベルダーデの日系書店「太陽堂」の創業者、藤田芳郎さんが3日午前11時ごろ、サンパウロ市のプレベント・セニオール病院で多臓器不全のため逝去した。4日にサンパウロ市モルンビー墓地で葬儀が執り行われ、同墓地に埋葬された。享年94。 1920年1月に福島県白河郡で生まれた。34 […]