ホーム | 日系社会ニュース | リオ世界選手権に向けて=ポ語版「姿三四郎」出版準備進む=講道館有段者会

リオ世界選手権に向けて=ポ語版「姿三四郎」出版準備進む=講道館有段者会

2007年5月25日付け

 全伯講道館柔道有段者会(岡野脩平会長)は国際交流基金の協力を得て、日本移民百周年記念事業の一環として、明治時代の柔道家の人生を描いた小説「姿三四郎」(富田常雄著)のポルトガル語訳の出版準備を進めている。
 同会の理念でもある、試合での勝利のために技を競い合うのではなく、「柔道の修行を通じ己を完成し、世の補益につくす」という柔道の目的を青少年に伝えるために翻訳出版に乗り出した。
 柔道を志す若者の指針として、また柔道を知らない若い父母に読んでもらうことで、その子供たちに柔道を通じて日本古来の武士道の心を理解し、親しんでもらうことを目標としている。
 外務省は基金サンパウロ日本文化センターを通じて、翻訳費用(約四千ドル)と印刷・製本費用(約二五%)の助成金を決定。印刷製本にあたってはトッパン・プレスから支援を受けた。
 原作の第一巻の大部分が訳されており七百ページほどの長編になる。すでに翻訳は完了していて、現在編集、校正の段階に入っている。
 近年、ブラジルでは柔道と柔術の二枚看板を掲げて教えているところもある。岡野会長は「柔術を否定するわけではないが、柔道と柔術の違いをはっきりしたいし、道が分ってこそ術がある。そのため正しい柔道のあり方を書物に残して後世に残していきたい」と熱く語った。
 翻訳を務めた林慎太郎さんは「言葉を忠実に訳すとブラジル人には理解できないことが多い。作者の真意が伝わる訳を心がけた。特殊な時代だから明治時代の説明をしっかりした」と手応えを感じながら話してくれた。
 高校生や大学生、知識人、親日家といった人たちが好んで読むだろうと予想される。ブラジルではすでに「宮本武蔵」の翻訳書が出版されてベストセラーになっており、すでに販売の土壌はできている。
 同会では、九月にリオで開かれる世界柔道選手権の場を用いて出版発表をする予定。また、七月に行われる海外日系人大会とパンアメリカン日系人合同大会でも同書のアピールを行う考えだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想2008年7月5日 コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  コロニア新世紀を迎えた今、ブラジルは空前の日本ブーム。日本食はもちろんのこと、高まる日本語熱、そして、様々な日本文化の影響は、すでにこの国の多様性を語るには欠かせない要素となっている。百年をかけて浸透し、ブラジル化した〃日系文化〃が […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]