ホーム | 日系社会ニュース | 援協巡回診療、南マ州へ

援協巡回診療、南マ州へ

2007年5月31日付け

 援協巡回診療班は、六月、南マ州方面に診療に行く。日程は、八日ノーバ・アンドラジーナ、九日ナビライ、十日ドウラードス、十一日ラランジャ・リーマ、十二日共栄、十三日カピタン・バド、十四日と十五日ポンタポラン。午前八時半から午後三時まで。検査科目は一般血液検査、内科、心電図、婦人科(子宮がん検査)、眼科、整形外科、胃カメラ、超音波。参加メンバーは肥田ミルトン医師、根塚弘班長ら八人。血液検査、胃カメラ、超音波受診希望者は八時間以上の絶食が必要。七十歳以上の一般血液検査は無料。

image_print

こちらの記事もどうぞ