ホーム | 日系社会ニュース | 第5回全伯俳句大会=714句から特選12句=席題総合点1位は小斎棹子、佐古田町子2氏

第5回全伯俳句大会=714句から特選12句=席題総合点1位は小斎棹子、佐古田町子2氏

 ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)が主催する「第5回全伯俳句大会」が8月10日午前9時から文協ビルの13、14号室で開催された。兼題部門は「冬季一切」、5句投句。投句総数は714句、投句者数は143人だった。特選には◎印がついた12句が選ばれた。他は秀作が108句。選者は12人で以下、アイウエオ順となっている。

■青木駿浪選
◎万象の音納めたり寒夕焼(サンパウロ市 西山ひろ子)
拓魂を秘めしあばら家虎落笛(マウア・ダ・セーラ 上口一歩)
枯野道流離の愁いきわまれり(サンパウロ市 西田はるの)
貝殻を敷き詰めし鉢五月花(ソロカバ 前田昌弘)
好きな事ありて倖せ寒椿(ポンペイア 須賀吐句志)
清貧の明るき子等や木藷汁(マウア・ダ・セーラ 上口一歩)
蔓サンジョン喜怒哀楽の語り草(サンタマリアーナ 斎藤勝利)
パイナ吹く異国に余生授かりし(サンパウロ市 高橋節子)
支え合ひ生きる喜び冬温し(サンパウロ市 原はる江)
洗いたる大根行儀よく並べ(スザノ 藤田朝日子)
■伊那宏選
◎大枯野貨車渡り切るまでを見ず(クリチーバ 西朋子)
捨てし夢捨て切れぬ夢木の葉髪(サンパウロ市 西山ひろ子)
もてなしの一皿があり冬ぬくし(サンパウロ市 畔柳道子)
冬ごもり子にさとさるる事多し(サンパウロ市 伊津野静)
群れ翔ちぬグァタパラ低地通し鴨(グァタパラ 黒澤しが子)
寒雀お前も連れを無くしてか(アチバイア 吉田繁)
点ほどの地主となりて移民の日(ボニート 佐藤けい子)
開拓者地の塩となれ移民祭(サンパウロ市 森川玲子)
彩彩(いろいろ)の落葉の煙一と色に(ポンペイア 須賀吐句志)
膝毛布掛け晩学の辞書を引く(サンパウロ市 鈴木文子)
■浦畑艶子選
◎又しても亡き子を語る炉辺明り(サンパウロ市 吉田しのぶ)
今宵またなんのかんのと玉子酒(ピエダーデ  小村広江)
冬の海帰心ゆさぶる沖の船(サンパウロ市 大原サチ)
育てあぐ妻の手あれてけふの菊(カンポ・グランデ 鈴川麦秋)
肌寒し遠隔操作の知能犯(サンパウロ市 西田はるの)
ささやかな白寿祝いの燗熱く(サンパウロ市 伊津野静)
ゆずらるる娘の席ぬくし寒の夜(サンパウロ市 斎藤白憂)
一人子の独りごと言ふ日向ぼこ(モジ 浅海喜世子)
植えられしレタスの赤ちゃん冬日射す(ボニート 佐藤けい子)
老人ホーム訪いし家族も日向ぼこ(カンポス・ジョルドン 鈴木静林)
■小斎棹子選
◎厳寒の地より終の地アマゾンへ(トメアスー 三宅昭子)
白テープちぎれしからの移民の日(サンパウロ市 馬場照子)
寒灯下寡黙に慣れし月日かな(サンパウロ市 馬場照子)
冬がすみ小さな夢もあってよし(サンパウロ市 宮腰陽子)
点ほどの地主となりて移民の日(ボニート 佐藤けい子)
店頭に栗梨柿の東洋街(サンパウロ市 木村まもる)
旅をする祖父母の国や冬ぬくし(リベイロン・ピーレス 西川あけみ)
病ゆえ手離すシャカラ柿落葉(SBカンポ 西谷晃)
冬の句座一人で動ける杖の友(サンパウロ市 太田映子)
アマゾンに冬めく季節欲しかりき(パラー 下小薗昭仁)
■児玉和代選
◎移民の日祖母のぬらした枕かな(リベイロン・ピーレス 西川あけみ)
着ぶくれて構えることもなく老いて(サンパウロ市 玉田千代美)
幾山河耐えた証しや珈琲熟る(クリチーバ 遠藤幸雄)
母の日や母の写真は少なかり(サンミゲール・アルカンジョ 大橋松代)
おでん煮て今日も昨日のままの卓(サンパウロ市 玉田千代美)
幾百の移民が果てし枯野行く(ヴィトーリア 藤井ひろすけ)
冬耕や夜は作業衣つくろって(ボニート 佐藤けい子)
ブラジルの冬が沸騰W杯(サンパウロ市 二見智佐子)
残り火が解る歳や焚火跡(サンパウロ市 浜田一穴)
臨終の父が母呼ぶ霜夜かな(サンパウロ市 山本英峯子)
■笹谷蘭峯選
◎薪で煮る鍋一杯の冬野菜(モジ 檀正子)
支え合い生きる喜び冬温し(サンパウロ市 原はる江)
洗いたる大根行儀よく並べ(スザノ 藤田朝日子)
凍て蝶の触角うごく陽射しかな(サンミゲル・パウリスタ 伊津野静)
言はづとも通じる老夫と日向ぼこ(サンパウロ市 原はる江)
厳寒の地より終の地アマゾンへ(トメアスー 三宅昭子)
虎落笛薬缶笛ふく一人の夜(サルト・デ・ピラポーラ 百合由美子)
膝毛布掛け晩学の辞書を引く(サンパウロ市 鈴木文子)
点ほどの地主となりて移民の日(ボニート 佐藤けい子)
息の合ふ夫婦の振子フェジョン打つ(サンパウロ市 猪野ミツエ)
■富樫羽州選
◎よくぞまあこれまで生きて移民の日(サンミゲル・アルカンジョ 広瀬美知子)
捨てし夢捨て切れぬ夢木の葉髪(サンパウロ市 西山ひろ子)
平和へと第九奏でる冬温し(サンミゲール・アルカンジョ 織田真由美)
冬耕や土の匂を懐かしみ(モジ 星川としい)
史料館壁いっぱいに黄イペー(サンパウロ市 新井知里)
W杯平和の鳩を冬空に(サンパウロ市 西谷律子)
十七字つづる生きがい冬の句座(オルトランジア 堀百合子)
ふくよかな日本茶香る冬の朝(リベイロン・ピーレス 澤田みち子)
夢追いし若き日もあり冬日浴ぶ(サンパウロ市 木村ときえ)
新天地に放り出されし移民の日(サンパウロ市 水野昌之)
■富重久子選
◎蔓サンジョン喜怒哀楽の語り草(サンタマリアーナ 斎藤勝利)
臨終の父が母呼ぶ霜夜かな(サンパウロ市 山本英峯子)
湯加減を聞かれ山家の冬至風呂(サンパウロ市 吉田しのぶ)
寒灯下寡黙に馴れし月日かな(サンパウロ市 馬場照子)
稲刈られ切株黒く冬田あり(パリンチンス 戸口久子)
枯野道流離の愁ひきはまれり(サンパウロ市 西田はるの)
冬耕や土の匂を懐かしみ(モジ 星川としい)
放し飼ふ地鶏大きな寒卵(ポンペイア 田中菊代)
一書架は時代小説冬ごもり(サンパウロ市 伊津野静)
まがり角君は右へと冬帽子(サンパウロ市 田中美智子)
■樋口玄海児選
◎麦熟るゝブラジルパラグヮイ畑つづき(ロンドリーナ 渡部チエ)
凩の聴くことまれな国に住み(サンパウロ市 森川玲子)
安らぎの俳句たしなむ移民の日(サンパウロ市 平間浩二)
フェジョアーダベゼタリアーナ孫のいて(ポンペイア 佐々木友江)
アマゾンに冬めく季節欲しかりき(パラー 下小薗昭仁)
冬温しマリアが歌ふ子守歌(サンパウロ市 串間いつえ)
厳寒の地より終の地アマゾンへ(トメアスー 三宅昭子)
わが家はグロバリゼーション冬温し(サンパウロ市 佐古田町子)
混血はなべて美人よ冬のバラ(オルトランジア 堀百合子)
子や孫の故郷は麻州麦熟るる(カンポ・グランデ 渡部チエ)
■広田ユキ選
◎牡蠣むきて厨は瀬戸の海の香に(サンパウロ市 武田知子)
 わが家はグロバリゼーション冬ぬくし(サンパウロ市 佐古田町子)
また一人名簿から消す冬の夜(サンパウロ市 西谷律子)
又しても亡き子を語る炉辺明り(サンパウロ市 吉田しのぶ)
町小春夫に買ひくる赤いシャツ(サンパウロ市 鈴木文子)
パイナ吹く大正人も薄れゆき(サンパウロ市 大原サチ)
一書架は時代小説冬ごもり(サンパウロ市 伊津野静)
待春や来る度孫のたくましく(ポンペイア 須賀吐句志)
愛人の日もなく野良にありし頃(サルト・デ・ピラポーラ 百合由美子)
煮凝りや溶けて忘るる憂さならず(サンパウロ市 武田知子)
■星野瞳選
◎煮凝りや溶けて忘るる憂さならず(サンパウロ市 武田知子)
ブラジルに子孫の栄え移住祭(サンパウロ市 高橋節子)
清貧の明るき子等や木藷汁(マウア・ダ・セーラ 上口一歩)
幾万の移民が果てし枯野行く(ヴィトーリア 藤井ひろすけ)
よくぞまあこれまで生きて移民の日(サンミ アルカンジョ 広瀬美知子)
町小春夫に買ひくる赤いシャツ(サンパウロ市 鈴木文子)
九十の坂は進度い春を待つ(サンパウロ市 高橋節子)
星冴ゆる宇宙の塵と人の逝く(ピエダーデ 小村広江)
山茶花や一期一会の茶会かな(サンパウロ市 太田映子)
今年又妻恋ふ人に石路の花(サンパウロ市 中川敬子)
■間嶋稲花水選
◎移民の日父の背中が道標(セザリオ・ランジェ 井上人栄)
捨てし夢捨て切れぬ夢木の葉髪(サンパウロ市 西山ひろ子)
今宵またなんのかんのと玉子酒(ピエダーデ 小村広江)
歓迎会知事も驚く蓮料理(カンポ・グランデ 鈴川麦秋)
ぶどう接ぐ移民の大志胸に秘め(マウア・ダ・セーラ 上口一歩)
根深汁俳句の道は生きる道(サンパウロ市 西田はるの)
健康が何より宝納豆汁(サルト・デ・ピラポーラ 百合由美子)
泣き言は生涯いわず木の葉がみ(サンパウロ市 重川房子)
人生はこれからだよと葡萄接ぐ(セルタネージャ 太田正孝)
寒がりの娘が買って来し酒の粕(スザノ 寺尾芳子)

【席題部門】原爆忌、磯遊び、珈琲の花(春季一切)3句投句。投句総数は147句(投句者数は49人)。特選には◎印で、4句.次点は○印で4句、他は秀作の32句。選者は4人でアイウエオ順。
■杉本絃一選
◎春眠や深き眠りの菩薩顔(サンパウロ市 平間浩二)
○句友てふ余生の縁あたたかし(サンパウロ市 小斎棹子)
余生楽しむ人等の笑顔句座の春(サンパウロ市 三原芥)
靖国の御霊に柏手桜咲く(サンパウロ市 香山和栄)
花コーヒー鄙の乙女は青春期(サンパウロ市 湯田南山子)
自衛権問はるる祖国原爆忌(サンパウロ市 鈴木文子)
イペー咲く夫養国の土となり(サンパウロ市 太田映子)
早起きは健康法と囀れる(サンパウロ市 菊地信子)
祈り継ぐ永久の平和や原爆忌(サンカルロス 富岡絹子)
ブラジルに終る余生やコーヒー咲く(サンパウロ市 広田ユキ)
■富重久子選
◎春暖炉斜視のモナリザ吾に向く(サンパウロ市 佐古田町子)
○年毎の約束やさし桜咲く(サンパウロ市 小斎棹子)
降る雨は涙雨かも原爆忌(ソロカバ 前田昌弘)
和服より季節がこぼれ花衣(サンパウロ市 武田知子)
人の名を聞いて忘れて春朧(サンパウロ市 佐古田町子)
包丁の手を止め祈る原爆忌(グァタパラ 脇山千寿子)
春灯す詩歌の命永かりし(サンパウロ市 小斎棹子)
南瓜蒔く百姓下手な一移民(セーラ・ドス・クリスタイス 樋口玄海児)
レモンの木働き蜂の総出かな(サンパウロ市 建本芳枝)
吾が遺影きめて安堵の春浅し(ピエダーデ 小村広江)
■星野瞳選
◎夢語る端から消えて春の虹(サンパウロ市 中川敬子)
○ピラセーマ始まって居り里の川(セーラ・ドス・クリスタイス 樋口玄海児)
生き足りて顔つくろはず春惜しむ(サンパウロ市 武田知子)
春暖炉斜視のモナリザ吾に向く(サンパウロ市 佐古田町子)
薫風や天つ乙女の舞ひそうな(サンパウロ市 串間いつえ)
父の日の父を使ふてはばからず(サンパウロ市 西森ゆりえ)
遠き日の夢見し移民珈琲の花(サンパウロ市 平間浩二)
春昼のピアノの音色アベマリア(サンパウロ市 吉田しのぶ)
ブラジルに終る余生やコーヒー咲く(サンパウロ市 広田ユキ)
真青なる桜花の空に出逢ひけり(サンパウロ市 鈴木文子)
■間嶋稲花水選
◎ブラジルに終る余生やコーヒー咲く(サンパウロ市 広田ユキ)
○花コーヒー父母の苦労の汗のあと(サンパウロ市 浦野マルガリーダ)
句友てふ余生の縁あたたかし(サンパウロ市 小斎棹子)
首相夫人愛でしカルモの桜かな(サンパウロ市 星野瞳)
花ぐもり文協句会なごやかに(サンパウロ市 駒形秀雄)
花コーヒー念腹句碑も古りにけり(スザノ 藤田朝日子)
軍服の父の遺影や原爆忌(サンパウロ市 柳原さだ子)
被爆手帳形見となりしヒロシマ忌(サンパウロ市 吉田しのぶ)
イペー咲く夫養国の土となり(サンパウロ市 太田映子)
デザウトはコッコの水よ里乾季(セーラ・ドス・クリスタイス 樋口玄海児)

✩ 席題総合得点
1位=サンパウロ市 小斎棹子(13点)
1位=サンパウロ市 佐古田町子(13点)
2位=サンパウロ市 鈴木文子(12点)
3位=モジ 浅海喜世子(11点)
3位=サンパウロ市 広田ユキ(11点)
4位=サンパウロ市 平間浩二(8点)
4位=グアタパラ 脇山千寿子(8点)
5位=サンパウロ市 西森ゆりえ(7点)
5位=スザノ 藤田朝日子(7点)
5位=サンパウロ市 吉田しのぶ(7点)(同点はアイウエオ順)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第3回全伯俳句大会=優秀作を一挙掲載2012年9月13日 第3回全伯俳句大会=優秀作を一挙掲載 ニッケイ新聞 2012年9月13日付け  ブラジル日本文化福祉協会が主催した第3回全伯俳句大会(後援 ニッケイ新聞)が8月19日、同ビル内で行われた。兼題部門は「冬季一切」で5句投句、投句総数は883句(投句者数177人)、特選(◎)は12句、他は秀作120句、選者は12 […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 第九回文協主催全伯俳句大会結果(二〇一八)2018年8月24日 第九回文協主催全伯俳句大会結果(二〇一八) {兼題部門}冬季一切 五句投句 投句総数 四六〇句(投句者数 九二名) 特選(◎) 一一句 他は秀作 九九句 選者 一一名(アイウエオ順)  青木駿浪選 ◎生き甲斐は俳句一途や冬ぬくし  リベイロン ピーレス  […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 『マンジョカ』はキャッサバのこと。芋はタピオカの原料。2015年6月17日 ニッケイ俳壇(842)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 大王椰子銀河を浴びて身じろかず俳恩をかしこみ虚子を祀るなり移住地は山鳩鳴いて虚子祀る柵を出て仔を産む豚や竹の春麻州野の牛追ふ馬も皆肥えて    北海道・旭川市       両瀬 辰江 母と摘みし蓬の香り幼き日戦無き北の […]